2008年05月26日

à Paris 〜2−1.オランジュリー美術館

月曜日からこんな休日のネタを・・・
今日はすごく暑かったし、電話が多い・・そう月曜日って電話が多い。
喉がつかれた〜
ということで、ちょっと癒されたかったから。。


パリへ行ったのは、もうだいぶ前のことになってしまうのですが、
週末にならないと会えない友達にお土産を渡したり、
旅行話をしたり・・ということがあって、また思い出し、
そうすると、帰国した頃よりも、印象深かったことがさらに鮮明に
なっていくのを感じます。

2.美術館について

今回行ったのは、
 ロダン美術館
 オランジュリー美術館

でした。

今日はオランジュリー美術館についてアート

本当は、オルセーに行くはずが・・・
初日のエッフェル塔で3時間半待ったせいでたらーっ(汗)
その後の予定が完全に狂い、無理でした。
でもそのおかげで、とても印象深い作品たちに会うことができました。



オランジュリー美術館といえば、
もちろんモネの睡蓮なのですが、

私にとってより印象深かったのは、ポール・ギヨーム氏のコレクションの方でした。
本当にびっくりした〜exclamation×2目


モネの睡蓮ももちろん素晴らしかったですよ。
モネは、この作品を自然光の中で展示してほしいという願いがあり、
それをかなえたのが、この美術館だったそうです。
実現したのは、残念ながら他界後だったそうですが、
それにしても、この企画の素晴らしさには敬意抱かずにはいられません。
また、モネの絵画≪睡蓮≫のどこをとっても、その色の美しさにため息が出ます。
これらの色どれも好きだなあ。
私は≪睡蓮≫を観る度に思うのですが、
彼は「睡蓮」を描いたのではなく、睡蓮の在る「水面」あるいは「水面の風景」を描いたのだと。
そう、「水面」を描いたのです。
その一見捉えどころのない物憂げな感じを
それ全体として美しいものに見せた、睡蓮の庭を観察するモネの感覚が
なんとなく伝わってくる感じがする、、
などといってはあまりにおこがましいかもしれませんが。。
なにせ、素敵です。粋ですよね。



ところで、
肝心のポール・ギオーム(Paul Guillaume)のこと。

080506paulguillaume.JPG

彼はね、続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

魅惑の正方形展 〜神戸ファッション美術館

少し前の日記の最後に予告した美術展

魅惑の正方形展

へ行って参りましたるんるん

ハンカチーフをテーマにした展覧会です。

神戸ファッション美術館(六甲アイランド)


こじんまりした催しでしたが、
まぁまぁ面白かったですハートたち(複数ハート)

そもそもハンカチーフとは、、
装飾品の一部としてオシャレとして手に持って着飾っていたものなのね。
貴族が衣服や装飾品でその裕福さを誇示したことの一部が
ハンカチーフの歴史にもしっかりと刻み込まれていて、
その繊細な工芸はため息モノでした。
当時のハンカチーフは、細やかなレースが沢山施されたもので、
展示品のほぼ全部は白でした。
形は正方形。
“正方形”は、、
かのマリー・アントワネットが夫ルイ16世に
「ハンカチーフの形は正方形にする」法律を作らせたらすぃ。。
と、解説に書いてあった、けど・・・
うーむ・・・この一文だけではなんともいえないよね。
もうちょっと詳しいことが知りたいような気もします。


それから、

時代と共に、用途も変遷し、
現代のプリントもののハンカチになるのですが、

とっても素敵なハンカチ!
ありましたね〜!


続きを読む
posted by みかん at 23:58| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

PICASSO 1923年に描いた“女”の絵 

私は、根っからの美術ファンなのですが、
しかし、どの作家が好きかとかどの作品が好きかと聞かれると、
とたんに困ってしまう。

「それは、言えません。」

と言うにとどめるのがせめてもの答えというか、
最も率直なコメントだと思う。
もちろん好きな作品はあるけれど、
何か限定して答えることは、なんだか憚られる。

しかし、昨年の11月ごろある友人が「ボロボロ涙が出て…泣いてしまう」
と言った時、迷わず思い浮かんだ作品たちがありました。
Pablo Picasso≪泣く女≫のシリーズ。
ゲルニカを描く少し前、頻繁に描かれた。。

weeping woman_picasso.jpg

目の器から、こぼれて流れ落ちる涙の水。

これと同時に、思い出した心地よい作品が、
私に何かを呼び覚まし、ずっと気になっていました。
昨年の11月から、今もなお胸を熱くさせる。

それが、これ。
1923年にPicassoが描いた女の絵です。

⇒さあ続きを、クリック☆
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

栗田玲子さん

忙しくても、ふと「ブログを書こう!それ、今だ」と思い立って、
晩遅くてもごそごそPCに向かうことがある。
今日は、真剣に早く寝なければならないのですが書くことにしました。

このところ、本当に慌しく、肌が今までにないほどあれに荒れまくっている。
私の忙しさなど、しれているけれど、本当に疲れているのかもしれないと
肌を見、集中力や仕事に対する気力の低下に危うさを感じたりしている。

今日はやっとのことで処理が完了した10月の給与データを銀行に持ち込みました。
本当に、本当にほっとしたぁ。。。

気持ちを切り替えて、週明けからはまた次に向けて、がんばらなくっちゃ。。
次というのは、そうそう、年末調整ね、そして育児関係、高年齢再雇用関係など。。
頑張りますというのは、本当に社員さんのお役に立つように
努めますという意味、それに尽きます。はい。



さて。本題に。。。
栗田玲子さん

(あ、そうそう、ちなみに今日はアートのネタです!)

このお方のことを知ったのは、いつだったか、もう忘れました。
2,3年前かと思っていたけれど案外1年半程度のものかもしれない。
(最近、ついこの間のことも随分昔に感じてしまうのです・・・)
きっかけは、たぶん、版画家の山本容子さんだと思う。
山本容子さんのことを調べると、必ずこの方に繋がります。
そういう方です。


続きを読む
posted by みかん at 23:37| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

プラド美術館展アート

今日も!!暑かったですね。
でも、お休みの日の晴れは気持ちがいいので、OKかわいい

今日は、まちにまったプラド美術館展に行ってきました〜exclamation×2


プラド美術館展

2006.7.15〜2006.10.15

大阪市立美術館にて



他の用事を日程変更してまでこの日に行きたかった!
なぜなら、プラド美術館の18世紀絵画室長の方の講演会があったから!
プラド美術館について、内部の方のお話を直接聞けるなんて、
貴重なことじゃないですかぴかぴか(新しい) だから!

プラド美術館、というと、、私個人的には、
教科書にもよく出ているベラスケスの《ラス・メニーナス(女官たち)》が思い浮かびます。
それを観たかったの!(この作品ね↓)
女官たち.JPG
でも今回は、いらっしゃってませんでしたね。
いつか絶対、生で観たい!

とはいえ、
素晴らしかったですexclamation
ほんっとに!
私、いつも美術館日記書くとき素晴らしいばかり言ってるけど、
ほんとなのよ!
とても質の高い、非常に貴重な作品、、
宗教画、スペインの特徴のある静物画、貴族の肖像画、
その他プラドが収集したイタリアあるいはフランドル方面のコレクションの一部。

そーんなラインナップです☆


で、美術館日記お決まりの、、
私が気になった作品たちは バッド(下向き矢印) コチラ(さいご、おまけ付き)

続きを読む
posted by みかん at 23:55| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

フンデルトヴァッサー展 アート

こんにちは☆

今回は、みかんの
「今行きたい展覧会」
をご案内します☆

フンデルトヴァッサー展
Hundertwasser(オーストリア人ね☆)

京都国立近代美術館
4月11日(火)〜5月21日(日)

えっと、
どんな作品か、、
ひとことで言うと、とても夢がある作品。
自由な発想。
「エコロジストとして有名」との言葉がちらしにもありますが
続きを読む
posted by みかん at 11:50| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

プーシキン美術館展 アート

春分の日゚・*:.。. .。.:*・゜
皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか。
阪神方面は、曇のち晴の穏やかな日でした。


最近は、源泉所得税の関係の記事を連続で載せていたのですが、
どうも説明がスッキリシンプルに短くまとまらず、
ぐずぐずと考え中です。。。モバQ

扶養控除の解説の山に入る前に、
気分転換といってはなんでございますが、
今日はARTカテゴリー
お楽しみいただこうと思いますぴかぴか(新しい)


プーシキン美術館展 〜シチューキン・モロゾフ コレクション
  国立国際美術館
  4月2日(日)まで(地下鉄四つ橋線 肥後橋 下車)
  http://www.nmao.go.jp/japanese/home.html#


続きは、こちらをクリック★
posted by みかん at 22:35| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。