2008年09月21日

2008年オペライヤー

音楽の話というと、
今年に入ってから、何度か書きたいと思いつつ、
書きそびれてしまってました。

実は、ソウル系のライブに行きたいと思いつつ、
どこに行ったらいいかまごまごしているうちに、全く行けず、
そうこうしているうち、いつもの路線で、
やっぱりクラシックやジャズの魅力的な催しが飛び込んできて
・・動物的にふぅ〜と・・自ずと聴きに行っていた2008年の私でした。。
「でした」って、まだ今年は残っているけれど、
ウィンドーショッピングしていると、
すでに2009年の手帳が店頭に並んでいるので、
来年はどんなことをしようか、どんな風に自分をもっていきたいか、
ということを考えてしまうのですね。
それで過去形になってしまう。

今年は、例年より多くのオペラを観た一年でした。
今までなんとなく抵抗感のあったワーグナーのオペラに挑戦してきました。
タンホイザー
哲学的でしたねぇ〜。
なんだか、オォ、ドイツ!という感じ(偏見?)。
タンホイザー役が・・・ご立派な歌手らしく今回の公演のために
かなり力を入れてオファーされたそうだけれど、
私はいまいち好みではありませんでした。。
それよりも、親友役の歌手が素晴らしかった(と私は思う)。
目が輝いていて、まるで後光が差していたように感じられました。
(でも、プログラムがどっかにいってしまって、名前などがわからないたらーっ(汗)

チェネレントラも面白かったけど(あ、これはブログにも書いたかな!?)、
先週観たリゴレット は、
はぁ・・・もうやだ〜(悲しい顔)、悲しすぎました。
可哀想で、救いようがない悲痛な気持ちになります。

リゴレットは、事前にたまたまテレビでの放映があったので二度楽しめました。
そうそう、オペラはテレビで放送されているものもかなりいいですよ!
おすすめです。
今回の放送は、ネッロ・サンティさんが2007年にチューリヒ歌劇場で振ったもので、
非常に非常に、素晴らしかったです。
ネッロ・サンティさんは、いつか生でも観たいと願う指揮者です。
演出も素敵でした。
リゴレット役のレオ・ヌッチさんも、
ジルダ役のエレナ・モシュクさんも、素晴らしかったーーー

生で観たリゴレットも、リゴレット役が素晴らしく、感動しました。

最近ふと気付いたのですが、
ヴェルディのオペラをいくつか観て印象に残っているのは、
男の世界観が濃いなぁということです。
あくまで私の感想なので、思い込みだったら申し訳ありませんが、
男の嫉妬、怨恨といった感情の空恐ろしさみたいなものが、
物語の縁取りを際立たせていて、
その残像が私の中にあります。
すべての作品がそうであるとは限らないかもしれません、
椿姫はちょっとちがうかなぁ、、
でも、仮面舞踏会とか、リゴレットとかはそんな印象。
私はそのように思うのですが。。いかがでしょう。

オペラは、あとお次10月のトゥーランドットが最後になるのではないかな。
トゥーランドットは、なんだか私には新しすぎて、
まだちょっと抵抗があるかな。
私にはプッチーニの時代はまだやってきていないような気がします。

昨年くらいまでは、モーツァルトとかロッシーニが心地よかったのですが、
リゴレットのテレビ録画を観てから、
なんか、ヴェルディかなー。
ヴェルディをしっかり受け入れたい気持ちになりつつあります。
昨年、椿姫を観たときには、私の前を素通りしていったのに、
不思議なものです。
タイミングって、ありますよねぇ。。

夢は・・・
ムーティが振るヴェルディをスカラ座で・・・

と言うと、ミーハーだと笑われそうですが。
そうそう、ムーティと言えば、
続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

オペラ・ファン♪

オペラ・ファンです。
オペラとひと言でいってもいろいろありますが、
私が好きなのは、
ロッシーニとか、モーツァルトとかの・・
そんなに大きくなくグロテスクでない、
フィガロの結婚とか、シンデレラなんかはかなり好きです。
でも、たまにはヴェルディのドロッとしたものもいいのだけれど・・バー


先週、シンデレラを観に行ってきました。

La Cenerentola

Gioachino Rossini

*シンデレラ、イタリア語ではチェネレントラという。


すっごく、楽しかったー!
トキメキました。
そう、時めいてそして好きなんだなーと実感しました。ワクワクるんるん
そして、今回はそうだそうだブログにも書いておこうと思ってPCに向かっています。


オペラの魅力ぴかぴか(新しい)

オペラの魅力って、なんでしょう。
それは実際に体験して初めて実感するものではないかと思いますが、
あえて言うなら、やはりいくつかの語るべきポイントがあるように思います。

あくまで、私が思うことですが、

オペラは結局のところ、
歌だけでもなければ、演劇だけでもない。
ミュージカルと違うのは、その古典的な文化色や音楽性の高さ、
歴史の深さに、滲み出るものがあるところじゃないかなあ。
ミュージカルとは、全く比べることができません。
流れているものが全く違うのだと私自身は感じています。

具体的に言うと、
ほら、オペラで全く立場の違う二人ないし三人が二重唱、三重唱を
歌う場面がありますでしょう?
片やシメシメと思っている、片やどうしよう死んでしまいそうと思っている、
もう片やその状況を見て心配している・・・
それを、それぞれ異なる歌詞で異なる音程で歌い、はもり、
演じて、劇に山を造るんですよね。
そうした舞台は、やはりオペラ独特のもので、
なんとも言葉には言い表せない魅力があるのです。

オペラの音楽性の高さはもちろん素晴らしいものがありますが、
しかし面白いオペラ、見ごたえのある満足感のあるオペラというのは
やはりなんといっても、
歌手が役になりきって、いかにキャラクターを演じきったかexclamation&question
これに尽きると言えます。

となると、
オペラでその夜の実質的なヒーローあるいはヒロインになるのは
必ずしもタイトルロールに限らないわけで、
その辺も見所ぴかぴか(新しい) となるわけです。
これが、ん〜たまらんのです・・・ ふらふら


今回のチェネレントラで言うと、
続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

OSAKA JAZZ FESTIVAL at Blue Note

とても素晴らしいライヴ♪を堪能しました。

OSAKA JAZZ FESTIVAL at Osaka Blue Note

と称して、関西の6つのジャズバンドが、
3日にわたり繰り広げたイベント。

2日目の5月4日みどりの日、行ってまいりました!
この日は、こんな顔ぶれ。


★川本睦子 with Her Trio
 川本睦子(Vo)/杉山悟史(P)/宮野友巴(B)/吉川元(Ds)
★神田芳郎クインテット
 神田芳郎(B)/田中洋一(Tp)/武井努(Ts)/堀智彦(P)/東敏之(Ds)
*MC 中川晴美



川本睦子さんたちは、とっても若くフレッシュなバンド。
川本さん、いい味があって、魅力的でした。歌上手かった!

それから、神田芳郎さんのバンド。
実は、この日は神田さんを拝見しに行ったようなものだったのです!
やっぱりダンディで素敵でしたが、
川本さんのバンドの後にやったからさらに際立ったのか、
オヤジたちの個性が黒光っていました。
渋さ、クールさ、無駄のなさ、エレガント・・
そーんなかんじの。。。
お腹の底からくる興奮。(〃▽〃)キャ〜

田中さんのトランペットと、武井さんのテナーサックスが
よく歌っていたのが、特にとても印象的でした。

続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

バッハのインヴェンション♬

先週から税務調査があり、今日が最終日で山場でした。
別に、わが社が疑わしいことをしているわけではないはずですが、
(実際、ここ数年特にコンプライアンスをうるさく言われている!)
調べやすい規模だったり、本支店形態だったり、
そういうのも関係あるんじゃないかしら、、それとも何!?
なんて素人の考えを思い巡らせてしまします。
最後の2日間は、いろいろ追加で書類確認があり、疲れてしまいました〜。
疲れるのは、予定外の作業で一日のほとんどが飛んでいってしまうから。。

このことを語ってみようかと思いましたが、
やめました。


家に帰って、
おもむろにラジオを付けると、ちょうど始まったところだった〜♪
この曲が。。


 バッハ インヴェンション

J.S.BACH Klavierwerke 15 Inventionen

 ピアノ: マルティン・シュタットフェルト  Martin Stadtfeld


バッハのピアノ曲。
ちょっと練習曲的な、素朴な音たち。
まさに、チェンバロの音色が聴こえてきそうな音楽。
パイプオルガンでやっても、なかなかいいかもしれない!


   いす


続きを読む
posted by みかん at 00:06| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

武満 徹 ギター作品集成 1961-1995

ひょんなことから、会社の人にあるCDをお貸しすることになったのですが、
私はそのリクエストのCD以外にもう一枚、
私から聴いてみていただきたいものをお貸ししようと思い、
CD引き出しを眺めていたところ、これが出てきました。


武満 徹
ギター作品集成 1961-1995


 FOCD9114

   ゚・*:.。. .。.:*・゜


このCD、イメージとしては、
静かな森の中という感じの曲たちと、
一人部屋でほっくり、あるいはしっとりという感じの曲たち。

日中の喧騒から脱皮して家路に着き、
夜ひっそりとこのCDを聴く。
それは、温かく落ち着きのある、いい時間である。


  
   ♪ ♪ ♪


続きを読む
posted by みかん at 00:15| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

MISIAのライブに行ってきました〜♪

この前の日曜日、友人に誘ってもらって、MISIA のライブに
行ってきましたカラオケ わーい(嬉しい顔)

MISIAは、それはもうパワフルな人で、
今私が立つこの会場を、観客もスタッフも建物も全部全体、
パワーにしたいという意志が
素晴らしい歌と共に、強く伝わってきました〜!

全体が一体となったときのパワー雷
そういうものが、どんなにすごい力をもっているかのかを
彼女は実感としてよく知っていて、
そして、それを求めて求めているのね。
とにかく、スゴカッタ

彼女のモチベーションは一体どこから湧き出てくるのだろうと思うほど、
まるで、泉のような人ぴかぴか(新しい) でした。。
(「泉のような‥」と言うと、大ファンの友人はとても喜んでいた〜)

本当に底なしの、湧いてくるもの、
その根源はいったいどうなっているのだろうかと、
すごい人がいると真面目に考えてしまいました。
(いまだに考えてしまう。。)

ライブが終わった今でも、ふと気付くとMISIAの歌声が脳を駆け巡ってます☆


    わーい(嬉しい顔) るんるん

posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

高校のOBオケを観に行くイベント

三連休は、いろんな方面の友達に会いましたが、
日曜日には、出身高校のブラスバンド部、弦楽部のOBの方々で結成している
オーケストラの定期演奏会に行ってきました。

いやぁ、、とっても感動しました。

曲目は、
1.フィガロの結婚 序曲
2.ベートーベンの第九


ということで、大曲で大変だったと思うのですが、
それがちゃんとオーケストラになっているのですから、
本当に素晴らしいと言う意外に言葉がなく、
皆さん、お忙しい中、平日はお仕事、休日は練習そして合わせという
ハードな面があったにもかかわらず、
すごいなぁ!と思いました。

そして、終わったあとの出演者の顔を見てわかるのですが、
皆さん、とても楽しんでおられる!とっても素敵でした♪


それから、曲の素晴らしさにも、感動しました。
フィガロの結婚の序曲は、もちろん!大好きですから!!
なぜ、こんなにピュアでキラキラした空間が存在しうるのかしら!?
と思うくらい、おとぎ話ぴかぴか(新しい) の感じなんですね。
なんだか、モーツァルトのオペラって、いつもどこかでホロッときて、
なぜかわけもなく、泣きそうになる。。
なんでこんなにピュアなんだろう。。
そして、時を経て鮮やか。
やっぱり、天才ってこういうこと!


第九は、さらに感動しましたexclamation
4楽章すべて聴くとまた、いいですねぇ。
歌が加わって、バリトンが力強く、フロイデexclamation なんて歌いだすと、
もう鳥肌ものです。
各楽章に出てくるインパクトのある音、
曲全体にわたる力強さ、
ベートーベンが渇望する喜びへの熱き思いみたいなのが表れてるのでしょうか。
すごく、ハートに迫ってくるものがあります。


ミーハーな日本人クラシックファンみたいですが、、
年末にもまた、これを聴いて、一年の最後を盛り上げ、
良いお年の訪れを祈願したいと思いました。
できれば、家族と。

本当に、素晴らしい時間をありがとうございました黒ハート

posted by みかん at 00:42| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

SUMMERTIME 夜

お盆です。
お休みでない方もおられるかもしれませんが、
私の勤務先はつかの間のバケーションです♪

先日は、涼しくなったら聴きたくなる曲をご紹介しましたが、
そんなの、いつどこの出来事かと思うほど今日は暑かったですね ふらふら
何もせずに部屋でじっとしていても、汗が滴り落ちます。

では、そんな日は何を聴くかというと、、
ハイ、迷いはありません。
お薦めがございます↓


暑い夏の日の宵

日が沈み、
月が昇る。 やや欠け月ぴかぴか(新しい) キラリ

夜風を微かに感じ、静けさがやってくる。


ということで(トイウコトデ!??)

真夏の夜に聴くのは、


SUMMERTIME 夜

by George Gershwin


これです☆
なかなか粋な数分間。
いかがでしょう!?

  
    るんるん
続きを読む
posted by みかん at 01:51| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

ラフマニノフのピアノコンチェルト三日月

平日に、趣味のお話をするのは、
このブログではちょっと珍しいことなのですが。

昨日、台風が近づいてきて、、
風が強くなって、ちょっと涼しく。。
ややもすると、秋に近づいてる!?
という“錯覚”に陥り、、、
(ハイ、紛れもなく錯覚でございます)
とはいえ、お盆が近づいているということもあって、、
だって、お盆が明けたらもう
「残暑お見舞い申し上げます」ですからねぇ。

夏が過ぎようとしつつあることを感じると、、、
秋の入り口に差し掛かりつつあることを感じると、、、
なんともいえなく聴きたくなる曲がある。


RACHMANINOV

Piano Concero No.3
in D minor,Op.30


ラフマニノフの、ピアノコンチェルトニ短調作品30、です ムード

ちなみに私が聴いているCDは、、、
小川典子さんの1997年の録音のものです。


とても、重くて派手でドラマチックで、、
うーんロシア〜なクラシック音楽(←私の偏見)

そんな、この曲が聴きたくなる。
私、秋が大好きなのですが、
大好きな季節がやってくることの喜びみたいな
そんな味わいがあるのかもしれません。
聴いているとね、、
今年もまたこの季節がやってきた、という気持ちで、
ドキドキするのですよ。ハァ。。ムード
(一人で舞い上がってて、ちょっと気持ち悪いカモ。。スミマセン)

2楽章の最後の数小節から3楽章にかけての部分が
頭を巡って仕方ないのです。。。

ということで、
秋口には、ラフマニノフのピアノコンチェルトを聴くみかんです。

続きを読む
posted by みかん at 00:31| 兵庫 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

Mozart Zyklus〜♪

更新、ちょっとお久しぶりです。

今日は、兵庫県社会保険労務士会の通常総会でした〜〜〜
4月に出席したのが、支部(私の場合は神戸西支部)の総会、
今回は社労士会の総会。

いろいろ、社会勉強、社労士界勉強をさせていただき、
お話ししたいことは沢山ありますが
(といっても、ブログで全て書けるわけではありませんケド…)
今日書き出すと収集がつかなくなりそうです!

それより、順を追って、、、
一昨日の出来事から更新します。。。
(社労士とは全然関係ない!わはは。)

 ゚・*:.。. .。.:*・゜ ゚・*:.。. .。.:*・゜

一昨日、5月28日(日)は、私が好きな戸川晃子さんのピアノコンサートでした〜♪

Mozart Zyklus 
モーツァルト・ツィクルス


と題して、アマデウス・モーツァルトの生誕250周年を記念して、
オールモーツァルトプログラムでした。

この演奏会で面白かったのは、

続きを読む
posted by みかん at 23:58| 兵庫 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

Waldbühne in Berlin 2005 French Night☆

ゴールデンウィークの幕開けです。

私のお休みは、まずは掃除。ですが、、
お休み生活の合間に、、
朝食後、昼食後、
大切に撮っておいたとっておきビデオを観ました。
時めきました揺れるハート

4月16日(日)NHK教育
ベルリンフィルのピクニック・コンサート
2005年フレンチナイトの録画放送です。


Waldbühne in Berlin 2005 French Night
2005.06.26

Berliner Philharmoniker
Simon Rattle
Katia&Marielle Labeque (p)


  ★★★★★

クラシックをお堅いとお考えの方へ〜

クラシックの面白さ、というものは、
私が思うに、、、
繊細な音を作り出し、それを紡いでいく、、
その緊張感から湧き出してくるところにあります。

そう捉えていただいて、受け皿をご用意いただければ、
きっと今までと違った風に聴こえてきますよ (* ^ー゚)ノ

  ★★★★★

ベルリンフィル
ヴァルトビューネ野外音楽堂でのピクニックコンサート
これは、毎年6月の最終日曜日に、ベルリン北部の森の中にある
野外音楽堂ヴァルトビューネで行われる
ベルリン・フィルのとっておきイベントです☆
毎年、日本では4月(頃!?)に前年分が放映されます。

  ★★★★★

さてさて!
前置きが長くなりました。
今回はフレンチナイトということで、
フランス人作曲家による作品が演奏されたわけですが、、、

いやぁ。。。。。。

もう、ため息でしたね〜
素晴らしかったぁ

満喫しました。


私の印象に残ったのは、
後半の三つの曲です。

るんるん 2台のピアノと管弦楽のための協奏曲/プーランク
るんるん 組曲 動物の謝肉祭/サン・サーンス
るんるん ボレロ/ラヴェル


ひとつずつ、私の感想を書いてみます〜☆
続きを読む
posted by みかん at 16:15| 兵庫 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

CRAZY HE/SHE CALLS ME♪

おととい、ふと思い出した。
とってもスタンダードなjazz number☆

なんて、知ってそうなことを言いつつ、
昨秋聴いたばかりなのですが。。。

とにかく、どうしても聴きたくなった。
どうしても。
ということになると、もう JB−5 へ行くしかないひらめき
絶対、聴かせてくれるに違いないという確信!意気揚々。
マスター、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)
( ここね!→ http://www17.ocn.ne.jp/~jb5/ )

さりげなく口遊める(くちずさめる)ところが、
なんとも言えなく粋で素敵なの。
私は特にサビ直前の出だしが大好きです。
I say I'll move the mountains
And I'll move the mountains
If he wants them out of the way


さて、昨秋〜〜
ブルーノートで
菊地成孔(SAX)のライブ、アンコール
そこで、この曲に会った かわいい

カヒミカリィと菊地が一緒に歌ったのよ〜!
もー、菊地っパンチ
憎かったわ!!
というのも、、、
続きを読む
posted by みかん at 00:54| 兵庫 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。