2006年05月17日

育児休業(4)産前の休業と有休【趣旨】

育児休業について、法律と実務の面から
ひとつひとつお勉強、の4回目。

シリーズ(3)のつづきです。

社規則等で産休中の給与が無給と定められている場合、
その産休を取得しようとするご本人に有給休暇の残日数があれば
産前の休業を利用せず、有給休暇として休んだ方が得だから、
産休としてではなく、有休として届け出てもいいですか?

さて、この答えはいかに?
これがテーマでした。

今回は具体的に考えていきます!


@まずは、産前の休業の法的な趣旨

これは、ひと言で言ってしまうと、
女性労働者の母性保護のため、休養をとることの必要性によるもの。
(はしょりすぎ!?)
で、
具体的に言うと、産前の休業は(前号でもお話ししたけれど)
女性の請求によって取得するもの
休業する旨の請求があれば、「就業禁止」となります。
使用者はその者を就業させてはならない、わけです。
(ちなみに、罰則もあるよ〜
違反した使用者は6ヵ月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられます。
労基法第119条第1号)


ということで、このように、休業が補償されているわけですね。


A一方、有給休暇の法的な趣旨

こちらも、乱暴ですがひと言で言ってしまうと、
労働者の心身の疲労を回復させ、労働力の維持培養を図るため...てなこと。
で、
具体的に言うと、有休は労働者の請求する時季に与えなければならないんだけど、
しかし、使用者は、請求された時季に有休を与えることが
事業の正常な運営を妨げる場合においては、
他の時季に与えることができる
ことになっていて、
ここのところが、趣旨とあわせて、
産休の完全に違ってくるわけです。

だから、
無給だけれど、産前の休業は有休と違って
休むことが法律的にも完全に保障されていると言えるのでしょうね。


とはいえ、
会社によっては、社規則等で取扱いが決まっているところも
あるかもしれませんので、要確認ではありますが、、、

法律的には、産前の休業を取ろうが、有休を取ろうが、
規制はありません。

ということで、、、
次回は、
産前のお休みを、

★産前の休業で処理した場合
   OR
★有給休暇で処理した場合

この処理の違いが、
社会保険の制度等において、どのように影響してくるかを
みていきますexclamation




 soon


posted by みかん at 01:01| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

育児休業(3)産前の休業と有休の取扱について

今日は、母の日でございましたね かわいい
みなさんは、お母様あるいはお母様に代わる存在の方へ
「ありがとう」のメッセージを伝えられましたか?

私は母に最近古くなって不便をしているキッチン鋏と花柄のお茶碗をプレゼントしました。
キッチン鋏を購入しようとレジ待ちしていたところに、
花柄のとても素敵なお茶碗が目にとびこんできてぴかぴか(新しい)
「絶対コレだ!」と思って、ちょっとチグハグですが、そんなセットにしました。
喜んでもらって、とてもうれしかったですハートたち(複数ハート)


さてさて。
育児休業の特集をしています。

前回は出産前後の流れを押さえました。
今日は、産前の休業の取扱について実務面からのおはなしです。


まず、
産前の休業は、出産予定日の6週間前から取得することができます。
取得するには、ご本人から勤務先への「請求」が必要です。
この休業の請求のタイミング労働基準法における定めはありません。
(いつまでに請求しなければならないという決まりはありません。)
(だから、社規則に従って、取得してくださいね。)

また、もし出産が近くても、ご本人が産前の休業を取得することを請求しなければ、
会社は産前の休業を与える必要はありませんし、
ご本人も無理に休む必要はありません。

ところで、
産前の休業をめぐって、実務ではこんな問題がよくみられます。

それは、、、(ここをクリック)
posted by みかん at 23:54| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

育児休業(2)一連の流れ

土曜日です♪
でも、雨です。

今日は、昼イチからテニスの予定でしたが… テニス
屋外コートなので、お流れに。。。

ということで、、、
昨日の続きをやってゆきましょう!

女性の従業員の方が、妊婦さんになって、まず考えることです。
出産前後の一連の流れです。

まず、法律上 *、ざっくりみるとこんな感じバッド(下向き矢印)

  上記*より… 法律とは、
   ・労働基準法 第65条〜第67条
   ・育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律

1 産前の休業 
      予定日の6週間前〜出産日まで
      (多胎妊娠の場合は予定日の14週間前〜出産日まで)

 →産前の休業は、取らなくてもOK!

2 産後の休業 
      出産日の翌日〜産後8週間まで
      (出産した女性従業員が産後6週間に復帰を請求した場合に
       医師がその従業員とその業務について支障ないと認めた場合は
       産後6週間まででOK!)

 →ここで復帰してもOK!(産後の休業は取らなきゃだめ!)

3 育児休業  
      産後の休業終了日の翌日〜赤ちゃんの1歳のお誕生日の前日まで

 →ここで復帰(多くの場合はここで復帰されます)

4 育児休業 
      ※これは3の育児休業から引き続き取得するものです。
      赤ちゃんの1歳のお誕生日〜1歳6か月到達の日の前日まで
      ★この休業をする場合は、
       保育園に申し込んだけれど入園できないとか
       同居のおばあちゃんがいて面倒をみれる場合はだめとか、
       条件を満たす必要があります。

5 勤務時間短縮等の措置
      ※これは4,5の育児休業後復帰した場合です。
      復帰〜赤ちゃんの3歳のお誕生日の前日まで。
      (この期間↑説明かなり端折ってます!!)
      この措置、具体的には、短時間勤務の制度や、フレックスタイム制、
      始業・終業時刻の繰り上げ繰り下げ、残業をさせない制度など
      会社によって、措置を具体的に決めなければならないことに
      なってます。


6 子の看護休暇/時間外労働を制限する制度/深夜業を制限する制度
      子どもちゃんが小学校に入るまで
      (小学校就学の始期に達するまで)
      申出、請求することによって、可能。

    * 子の看護休暇…1年に5日まで
    * 時間外労働の制限…24時間/月、150時間/年を越えて
       労働時間を延長してはならない
    * 深夜業の制限…深夜労働をさせてはならない



ふぅ。。。
こんなに、いろいろ制度があるんですねえ。
6は、申出、請求しなければ、取得することはできません。

これらは、法律で定めれられているものですから、
職場によっては、もっといい条件で育児等をしながら、仕事ができるところが
あるかもしれません。


しかし、とはいえ、
そう甘くない職場も多いかと思います。
ベテラン社員が欠員となることは、
会社にとって大きな痛手となるものです。

次回は、産休や育休を控えてするべきことを
会社の立場、従業員の立場の双方からみていきます。





soon

posted by みかん at 18:04| 兵庫 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

育児休業(1)

会社員の方、皆さんの職場では、育児休業取れますか?

「取れないです もうやだ〜(悲しい顔)

とおっしゃる方、本当はとれるんですよexclamation
社内規定で、取れないことになっていたとしたら、
それは、規定が整備されていないだけの話です。

とはいえ、
会社にはそれぞれの文化というものがあるもので、
なかなか取りづらい空気があったり、
あるいは、
結婚したら、退社するのが当然という雰囲気のある会社もあると聞きます。
そんなとき、どうするか、、、
それは、皆さん個人の細かい事情に合わせて考えていくこととして、

ここでいえるのは、まず、
規定に育休がなくても、
「育児休業の申出をすることができる」
ということと、もう一つは、
「事業主は、その申出を拒むことができない」
ということです。


とはいっても、申出を拒むことができる場合もあります。。。(例外)

・育休の申請先の会社でのお勤めが引き続き1年に満たない方はだめ。

・育休を取ろうとしている社員(赤ちゃんのお父さんでもお母さんでもOK!)の
 配偶者(その社員のお嫁さんORだんなさんってことね)が
 赤ちゃんの面倒をみることができるときはだめ。

・そのほか、育児休業をすることができない合理的な理由があるとき…
  ↑例えば、おばあちゃんがいて、いつも面倒をみてくれるとか。
  あと、1年以上続けて働いているけれど、育休中に雇用契約が
  切れる可能性があるとか。
  そーゆーことね。



まずは、出だしはそんな感じ。
取れるんだよ!申出できるんだよ!
ってことです。


ちなみに、、、
みかんが勤務している会社では、
育児休業取ってる人、わりといますよexclamation

続きを読む
posted by みかん at 23:51| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

GWのお楽しみ♪(友人と。後編)

実は、あの後ゆっくりと午後を過ごし、晩は神戸で飲んでましたビール
とにかく、平日にはなかなか会えない友達と会いたい。
GWは、そんな特別な時間だったわけです。

こちらは、仕事のことでちょっとした相談をしたかった。
お話ありがとうございました。
参考にさせていただきます。
(ご本人、ご覧になっているかどうかわからないけど)
話の内容は、内緒ですが。。。
でも、恥ずかしながらこのことは書いておこうと思った!
他愛ない話の一部だけど、後から考えてぞっとした。


甲さん: みかんちゃん、労働基準法で労働時間は1日8時間までってあるけど、
なぜ8時間か知ってる?

みかん: え、、なんでだろ、シリマセン。。。

戦前の工場法や鉱業法を基に、戦後になってホワイトカラーにも適応されたことは
なんとなく知っていたけれど、なぜ「8時間」かと言われると
なにも考えが思いつかなかった。
因みに、シャレも思いつかなかった。
…わからないなら、面白いことくらい言えたらいいのにそれもできなかった(;_;)


甲さん: 知らないの?
アメリカの「仕事に8時間、休息に8時間、自分自身のために8時間」というスローガン知らない?

みかん: うーん、よくわからないですぅ。(;_;)アーカナシー&ナサケナイヨーのモード

甲さん: メーデーの契機になっている言葉なんだよ。資格の試験に受かったからといって、法律のことしか分からないということではだめだよ。


甲さんは、いつも至って冷静で落ち着いた話口調で、
端的かつ率直に意見を言う人。
はっきり言ってくれるから、聞きたくなる。
(※甲さんは、社労士の仕事とは全く関係ありません。)
この話は、他愛ない話のなかで出た会話でしたが、、、、、

○○を知ってる?
と聞かれた時点で、もしそれが自分の専門分野であれば、
知っていて当然なはずなのだ。
「知ってる?」というのは、こういうケースにおいて
そこまでのことを意味していると言って過言ではないのです。

甲さんは意地悪さんではないので、
「法律のことしか分からないということではだめだと思うよ」
ということまで、丁寧に言葉で話してくれたけれど、
これは、私にとっては「まずい」ことだったと捉えなければならないと思いました。

お客様の前で、「しりません」と言うことと、
甲さんの前で、「しりません」と言うこととは、
本質的には同じだ。
甲さんとお話ししたのが時間的に先だっただけのことだ。
そのことを忘れてはならない。

仕事に関して、社労士とはいえ、
経理的なことや営業的なこと、いろいろ考えることはありますが、
自分の専門分野が薄っぺらでは、シャレにならない。
「営業が苦手でね〜」
は、まだシャレになるけど、
「労働時間のことがよくわからなくてね〜」
これでは、全くシャレにならない。
私の存在意義はありません、と言っているようなものだ。

こうして、サブイ気持ちになっては、自分に喝を入れる。
最近、このケースがちょくちょくあるよね、私。
日々、勉強です。
精進します。



posted by みかん at 15:32| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

しあわせのかたち☆

こんにちは!
ゴールデンウィーク真っ只中、いかがお過ごしですか?

お仕事の方、、ご苦労様です。
受験生の方、、有意義な時間になるといいですね!
  計画通り進んでいる方は、GO AHEADexclamation
  なかなかはかどっていない方も、
  大丈夫、気にすることはない!今から頑張ろうぜぃグッド(上向き矢印)
リラックスされている方は、そう、よーく休んでエネルギー補給ですよね!

私は、この2日間は家でゆっくり過ごしています。
そうすると、不思議なことに普段は仕事中で、
間食のことなど思いつきもしないのに、
どういうわけか、無性に甘いものが食べたくなる。。。
バースデー喫茶店
あー、美味しいケーキが食べたい。


さてさて、、、
社労士合格から半年、登録から2ヶ月が経ちました。

・合格から登録まで
・登録から総会出席まで
・総会出席以後

これらの期間それぞれに大きな心境の変化がありました。
そのこともあって、これからの方向性について、
いちどゆっくり考えたいと思っていました。

実は、4月21日に出席した支部の総会でお会いした
平成17年度登録の女性がおられたのですが、
その方はお若く見えるのですが既に事務所を借りて独立開業されていて、

「すごいですね〜」

といった話をしたところ、

「これで、食っていこう!ということなんです」

と爽やかに言い切られたので、
内心びっくりしました。

私は、社労士の世界についてまだ未知の状態で、
登録した後の自分の心境の変化を目の当たりにしていたし、
現実的にどんな可能性があるのか、
諸先生方のご様子を拝見しながら考えたいと思っていました。
自分の思い込みでむやみに動くより、
もうしばらく状況判断材料がほしいし、
あらゆるチャンスにしなやかに対応してみよう、
という気持ちでいたのです。

このことを、あるとても信頼している友人に話したところ、
続きを読む
posted by みかん at 19:57| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

出来高払制又は歩合制の割増賃金〜前号のつづき

前号のコメントで、晩に書くと申し上げたのに、書かなかったこと、
ごめんなさい。(*_ _)人

さて、前号では、あほな社労士をさらけ出してしまいましたが。。。

出来高払制又は歩合制の場合の割増賃金について考える場合、
出来高歩合という言葉に惑わされず、
まずは割増賃金とはどういう場合に払われるものであるか
考えるべきでした。


割増賃金とは眼鏡

法定労働時間を超える時間の労働、
休日における労働、
深夜における労働、

これらに対して通常の給与額に、
それぞれ一定の率で割増しされた賃金を支払って、
法定労働時間制や週休制の原則を維持し、
過重な労働に対する労働者への補償を行おうとするもの。

法定労働時間
 簡単に言ってしまうと、法律で決まっている労働時間の限度のことで、
 休憩時間を除いて、1週間に40時間、1日に8時間。
 (ただし、業種によっては、使用する労働者の人数によって例外アリ。)
 (法32条、法40条)

 

ということで、
出来高払制又は歩合制であっても、
上記のような労働をする場合は、
労使協定を締結し、割増賃金を払うということになりますねー。

労使協定
 簡単に言ってしまうと、社長さんなどと労働者との正式な取り決め。
 法律では、、、
 社長さんなど=使用者
 労働者=労働者の過半数で組織する労働組合がある場合はその労働組合、
 そーゆー労組がない場合は、労働者の過半数を代表する者
 正式な取り決め=書面による協定
 (双方共に記名押印し、労働基準監督署に届け出ます!)



ちょっとながくなるけど〜
判例、そして計算方法は続きを読んでね↓
続きを読む
posted by みかん at 15:37| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

第一種衛生管理者 試験問題より

ふらふら

お隣の席のお兄さんが、
衛生管理者の試験勉強をしているらしい。

「取ってこーい!」

と言われたとかなんとか。
で、今日お兄さんに、この問題教えてくださいと言われ、
ぉぃぉぃ…何の嫌がらせですかと恐れつつ、、、拝見眼鏡


【問題】
賃金が出来高払制又は歩合制である場合は、
割増賃金を払わなくてもよい。

(○か×か?)


えー。。。
まず、思い浮かんだのは、平均賃金
出来高、歩合の場合は、
3ヶ月に支払われた賃金の総額
3ヶ月間の労働日数で割った金額の
60%が最低保障される、、、

で?だからどーなる??
出来高、歩合の人の割増賃金のはなしなんて
聞いたことないような気がするなぁ。。。

ふらふらあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

だいいち、割増賃金の発想は、労働時間に対する賃金
出来高、歩合とは賃金計算の根拠がちがう。
でも、

【労基法第27条】
出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、
使用者は、労働時間に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。


だよねー。
(最低賃金法は、時間外は対象外となりますが。。。)

結局、お兄さんが労基署に電話をかけるー(長音記号1)電話

続きを読む
posted by みかん at 23:55| 兵庫 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

黄金週間の計画

ゴールデンウィークが近づいてきました。
皆様、ご計画はすでに立てられていますか?

みかんにとって、このお休みはとっても貴重プレゼント

実は年明けから、なんだかんだ言いながら、
2月下旬にした登録までは、
遊びに奔走しつつ、登録、これからの仕事、生き方…
途方もなく悩んでいました。

しかし、登録をした後、、、
仕事が繁忙期を向かえ〜
そして社労士会の会報がやってきて〜
また信頼する友人と会い話し込み〜
お勉強会に参加し〜多くの方にお会いし、
総会に参加し〜多くの方にお会いし、、

今、かなりひどい状態。
パンクとまでは行かないまでも、
消化不良気味。

どうにかせねば。。。
ここで整理しなければいいことない!


続きを読む
posted by みかん at 02:11| 兵庫 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

労働基準監督官のお友達

最近、とてもひょんなことから、お友達になった人がいます。
職業を聞いてビックリしました。
労働基準監督官さんだと言うじゃありませんか!!

社労士、特に勤務社労士の立場としては、
たじろぐ … でしたね〜
(決してやばいことをしているわけじゃないのですけれども!)

この週末、そのお友達に会ったのですが、
やはり、公務員の守秘義務がありますから、
具体的なお話は聞けませんでしたが、
お仕事のごく大まかな話を聞いていると、

「とにかくお話をよく聴くことに徹する」

と、毎日のことを振り返りながら発せられた
実感のこもった一言に、
とても力が入っていたのが印象的でした。
(この言葉、何度も言ってた!)
びっくりしました。
私の持っていた監督官のハードなイメージが崩れました。

職場のことで困っている人、
会社の社長さん、
アスベストなら、昔働いていた環境について不安に思って来るご老齢の方、
などなどといった方々を相手に。。。
本当に、ご苦労様です、という気持ちになりました。


続きを読む
posted by みかん at 22:52| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

勤務社労士の強み 〜支部の定時総会にて

ご報告が遅れましたが、4月21日(金)に、
兵庫県社会保険労務士会神戸西支部の定時総会
出席してきました。

社労士登録したものの、
仕事は何も変わっていない私。
登録の意義はいかに?
そんな気持ちも登録したての頃はやはりありました。
しかし、定時総会に出席して、
社労士会(界)の様子をほんの少し垣間見ることができました。
そして、沢山の社労士の先生方と出会うことができて、
かなり刺激を受けました。

総会およびその後の懇親会、2次会でお会いした多くの先生方の中でも、
とりわけ、私の中でスペシャルな時めきの出会いがありました。

そして、それは私が勤務社労士だったからこその出会い!!
続きを読む
posted by みかん at 23:12| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

石綿公害 クボタの補償について

今日、大手機械メーカー「クボタ」がアスベストを原因とした
がんの中皮腫を発症した患者の方に、新たな補償をすることが
発表されましたね。

今回のニュースで注目されているのは、

1 訴訟せず、交渉開始から1年弱で今回の合意に達したこと

2 支払総額32億1,700万円という高水準の補償をすること


公害に関しては、発症との因果関係自体を認めない企業が
多くある中で、このように早期に合意した事例を
モデルケースとして評価に値するとも批評されています。

が、、
私が、このニュースを見た時の率直な感想としては、


続きを読む
posted by みかん at 23:34| 兵庫 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

勤務社労士の悩み

先週、私が属している兵庫県社会保険労務士会の西支部から
当該支部の定時総会開催のご案内がありました。

同じ支部の社労士の先生方とぜひお会いして、
ご様子を伺いつつ、勉強させてもらいたいという気持ち満々なので、
絶対に参加しようと考えています。

今回は、社労士の公式な会合に足を踏み入れる初めての機会!
とても大切な日に思えて、今から緊張しています。

しかし、、、
いろいろな方のお話を伺う機会を持ちたいと考える一方で、
私は自分自身をどうPRするかということで、ちょっと悩んでいます。
つまり、
○○会社の勤務社労士です。
と自ら語ることに、非常に抵抗を覚えています。

続きを読む
posted by みかん at 22:33| 兵庫 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

サラリーマンの所得税(8) パートの理想的年収額

週末ですね〜。
所得税のお話の続きです。

ここ2,3回は、
パートの「奥様(妻)」について書いていますが、
もちろん、パートの「だんな様(夫)」でもいいわけです。

とにかく、その世帯の
主たる収入を得る勤労者(稼ぎ頭)の方がおられて、
そして、その配偶者は、パートなりなんなりで収入を得るのだけれども、
その世帯の主たる収入とはいえない、そんな場合のお話をしています。


とはいえ、日本では、、
サラリーマンの奥様で、パートなどちょっとした収入を得ている方
非常に多く、、その結果(だと私は解釈してます…)
パートなどで働いている配偶者の方の収入額にあわせて
収入額がそれほど多くないのであれば、
主たる収入を得ているご本人の税金をちょっと軽減してあげよう

というのが配偶者への特別な所得控除(配偶者特別控除)
なのです!


ということで、、、
配偶者(日本で多いのは奥様)がパートで働く場合の、
理想的な年収額をチェックしておきましょう!
(理想的な体重ではありませんからね!!)
(それはよそのサイトへ行ってください… 笑;)


続きを読む
posted by みかん at 23:47| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

お初☆勉強会への参加

日曜日に、社労士のお勉強会
初めて参加させて頂きましたexclamation×2

この勉強会は、こちらのブログのお気に入りにも登録させて頂いている
こーろさん
http://blog.goo.ne.jp/romicoco1121/
お誘いいただき、実現したものです。
同期合格のきらりさんと
http://kirari-sr.seesaa.net/article/16097354.html)ご一緒に☆

嬉しい刺激を沢山受けて、当日の晩と昨日は
まだ頭が渦を巻いていました。。。
ノートに乱れた字で書かれた沢山の貴重なお言葉…

あまり安売りしたくないけど(ケチです!?)
少しかいつまんでご紹介してしまいまするんるん

続きを読む
posted by みかん at 00:29| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

社会保険労務士証票 演劇

前回のブログで、会員証をいただいたことをご報告しましたが、
この手帳、会員証と記されたその裏側には、

社会保険労務士証票

と記された免許証のような(それこそ証票)が添付されており、
会員証をではなく、、、
「証票を拝受しました」プレゼント
と言った方がふさわしかったなと、ちょっと後悔。。。

この社会保険労務士証票には、
私の証明写真と、
次の文言が記載されていて、私が正真正銘の社会保険労務士であることを証しています。
「上記の者は、平成18年3月1日社会保険労務士の登録を受けたことを証明する。」

社労士であるかどうかは、この証票を提示してもらうことで確認することができます。


ひとり言と、小さな報告でした。


posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

会員証、拝受いたしましたぴかぴか(新しい)

今日も、所得税のお話をしようと思っていましたが、、
帰宅すると
思いがけないものが、家に郵送されてきているのを発見exclamation×2
予定変更。

送られてきたのは、
写真のものです。

sharoshi pass.jpg


ハートたち(複数ハート) わーい(嬉しい顔) ハートたち(複数ハート) わーい(嬉しい顔) ハートたち(複数ハート)

続きを読む
posted by みかん at 23:40| 兵庫 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

社労士の登録をする(最終章)部長に聞かれたこと

みなさま、ご無沙汰しております。
戻ってきましたーー☆
今日からまた書いてまいりますので、
どうぞごひいきに、よろしくお願いしますかわいい


さて、予告しました「登録編」最終章は、
登録にあたって、部長に尋ねられたことをお話します。


部長は几帳面な方眼鏡
私の合格についても率直に喜んでくださり、登録にも前向きで、
実務証明の書類を快く回付してくださったのですが、
その書類を私に交付するにあたり、
改めて確認なさった点がいくつかありました。


続きを読む
posted by みかん at 22:45| 兵庫 | Comment(10) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

社労士の登録をする(4)手続き(裏)横連絡日記

トリノ・オリンピック☆
荒川静香さんお見事でしたねぴかぴか(新しい)
とても優美で思わずうっとりのため息がでました。
トゥーランドット(荒川さんが演技したテーマ曲)が
あんなに優雅に聴こえたのは初めてでした。
あの曲もコスチュームもバッチリ似合っていて素敵でしたぴかぴか(新しい)
そして、彼女の冷静さ、伸びやかさ、緻密に丁寧なスケーティングが
ど素人の私にも、伝わってきました。本当にすばらしかった黒ハート
ハァ〜ヨカッタ〜〜ぴかぴか(新しい)


ところで、、

なんなのでしょう?このタイトル!??

ハイ。
昨日、社労士の登録手続きをしたのですが、
日常的に事務所の外に出歩くことのない私には、
いろいろな発見がありまして。
本日は登録手続きの裏、道草でございます。


           〜 本日のメニュー 〜

           住民票を取りに行く

            証明写真を撮る

            現金を引き出す

            社労士会へ行く

      社労士会の会報に載る簡単な挨拶文を書く






続きを読む
posted by みかん at 01:10| 兵庫 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

社労士の登録をする(3)登録のご報告☆

最近、だいぶ暖かくなりましたね。
私の家の近所では、チューリップが咲いています。
春が近づいてきました。

きょうは、有休をいただいて
かわいい社労士の登録手続きに行ってきました☆かわいいかわいいかわいい

登録の手続きを終えて外を歩いていると
この晴れた天候のせいもあってか(!?)
なんともいえない、清々しい気持ちで
ちょっと感動しました!
とても嬉しかったです。素直に揺れるハート


あー、がんばろーexclamation
と、思いましたねー。
そして、会員名簿をいただいて、次号から自分の名前も社名入りで載るのだと思うと、
責任の重さに見の引き締まる思いがしました。
(ブルブルッあせあせ(飛び散る汗)


明日から、また通常業務が待っていますが、
今までよりもっと真剣に、横着をせず、
仕事に取り組まねば〜と、ドキドキしています。



ところで、、、
今日の手続きについて。

手続きの準備に関する情報は、きらりさんのブログを参考にしました。
http://kirari-sr.seesaa.net/article/13202633.html
とても参考になるので、ご覧下さい。

実際の手続きまでの流れは〜、
普段は内勤でシロップ漬けの缶詰モバQになっているみかんは
平日の景色がとても新鮮で、
いろんな発見がありました。
みかんからは、手続き(裏)横連絡日記を
次回お送りしたいと思いまする。


ということで、
お楽しみに〜☆



soonぴかぴか(新しい)


posted by みかん at 22:38| 兵庫 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。