2007年08月05日

年金のお話 〜プロローグ

以前、このブログにテーマのリクエストとして、
「社会保険、特に年金について」
という宿題を頂きました。
あれからもう何日も経ってしまいました。お待たせしてすみません。
今日は、年金のお話のプロローグとして、
そもそも年金制度とはどういうものなのか?
について書いてみたいと思います。


年金問題について非常に騒がれていますが、
少し前、ある友達からこんなことを聞かれました。

「年金を返せ!」とか言うけど、
あれって正しい言い方なのかなぁ?と。


つまり、
「年金を返せ!」と言うとき、
年金は、毎月払う年金保険料の金額が
そのまま自分が受け取る年金として
積み立てられているものだという考え方になるけれど、
その考え方って、正しかったっけ?ということ。


その指摘は非常にいいところをついていて、
「年金を返せ!」という言い方は実は間違っているんですよね。
心情としてはもちろんよくわかりますが。。


年金は、世代間扶養という考え方に基づいて運営されていて、
つまり、今現役世代が払っている年金保険料のお金は、
基本的に今年金を受け取っておられる方の年金として使われていて
現役世代が引退世代等を扶養する、世代間での扶養関係
ということなのです。

昨今、保険料の未納もかなり根の深い問題になっていますが、
保険料がもし自分が受け取る金額にそのまま反映されるのであれば
もっとみんな熱心に納付するのではないか、という気もしなくはないのですが、
しかし、年金は20年、30年と非常に長いスパンで払い続けるものですから、
その間の経済情勢による貨幣価値の変化への対処が難しくなる場合が
考えられます。ですから、そういう意味でも、世代間扶養は意味があるのですね。



ところで、

リクエストを頂いた大輔さんと仰る方からは、

>年金にはどういう種類があるの?
>特に女性は転職や結婚があるし注意することがたくさんあるよね?
>引越ししたら住所変更しないと、今後送られてくるであろう「年金通知」とやらは届かない?



といったことが質問事項として挙げられていました。

今日は、プロローグとして
年金の種類についてもう少し書いてみたいと思います。

   猫

続きを読む
posted by みかん at 14:12| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

勤務社労士の仕事像

先週末の日曜日は、いつもお世話になっている京都の学習会に
参加してきました。
今日は、そのおはなし。

・・・というわけで、前回年金に関するリクエストをいただいていながら
すみません。プロローグを書きかけていて、途中で保存されたまま・・・
次回は、年金にしますっ! m( __ __ )m



今回の学習会テーマは、今日のタイトル

「勤務社労士の仕事像」

ということで、お二人の超ベテラン勤務社労士の先生の
お話を伺いました。
プロフィール、普段から心掛けていること、業務内容、
特殊な実務例、これまでやってこられてきたことと周りの評価、
そしてこれからの可能性などについて。


お二人の講師の先生のうち、
お一人は労務一筋20年というこの道の超ベテランで、
関連会社含め約5,000人の社員さんの管理をされていて、

もうお一人は営業のご出身から抜擢され
会社で初の女性管理職でいらっしゃる人事課長の先生。


お二人共に共通して思ったことは、
なんといっても、決め細やかに業務がきっちりおこなわれていること。
行き届いた仕事をされていることでした。
そしてそれは、清々しい、と同時に、、、
非常に自分の甘さをまた改めて痛感させられるものでした。
まだまだ、まだまだまだだなぁ。

会社によって、何らかの問題はそれぞれにあるのでしょうけれど、
それに気付いて会社としてちゃんと対処できるということは、
やはり、それは人間関係、信頼関係がしっかり築かれていることの
証しではないかと思います。

お話を聞いていると、
そういったことは、仕事の処理方法とか、言葉の端々などから
かなり伝わってくるものです。

業務のこまごました内容については
省略しますが、非常に印象に残ったことが3つありました。

続きを読む
posted by みかん at 23:23| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

災害の際のお手伝い

今年も蝉が鳴きはじめました。
梅雨明けはまだだと思うのですが、それにしても・・・早い。。
なんだか例年に増して、今年は時間の経過を早く感じます。

先週末は連休だった方も多かったのではないでしょうか。
それにしても、台風、地震での被害は相当なものでしたね。

こうした災害があると大きな怪我をされる方が多くなりますが、
生命保険等に加入していなくても、
健康保険には、高額療養費(※1)や傷病手当金(※2)があるので、
慌てず、受けるべきサービス(保険給付等)をもれなく受けれるよう
適切な手続きがスムーズになされますように!と思います。

(※1) 高額療養費・・・手術等、ある一定以上の非常に高額な医療費を
支払わなければならない場合に受けることができる健康保険の保険給付。

(※2) 傷病手当金・・・療養のために仕事ができない場合に
受けることができる健康保険の保険給付。


そうそう、
もし私が現地に居て、何かするとすれば、
社会保険やあるいは労働保険等(災害により失業した場合などの相談とか・・)の
相談窓口をするかなと思います。
この窓口はね、役所ではなく社保でもなく、
人が集まっているところ、避難所とかでみんなが不安になっている場所で
人々のすぐそばで、どうにかならないか知りたいと思っている人の
話を聴いて差し上げて、役立つことがあればご案内する、というもの。
そこから、ご案内差し上げた方が必要だと思えば役所やらへ行けばいいし、
必要なければ行かなくていい。
そうすれば、役所の業務もちょっとでもスムーズにいくような気もするし。。。
そんな感じ。
といっても、まだ若いから(!?)お手伝いは力仕事でもいいのですがモバQ


地震のニュースを見ていると、どうしても阪神大震災の時の経験を基礎に
考えてしまいます。
当時、私は神戸市東灘区に住んでいましたから。
あの時は冬だったから飲食物の腐敗は厳しくなかったけれど、
今は大変なはずだとか、水が止まってしまったときに
家族総出で広場に水を取りに行ってポリタンク一杯にして持って帰ったけど
お年寄りが多い地域ではいったいどうするんだろうとか。


ところで。
こうした厳しい状況もありましたが、
私は、、とっても楽しい連休を過ごさせていただきました。
続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

特定社会保険労務士

6月が、幕を閉じました。。。
このタイミングをこれほど意識したのは
これまでないかもしれません。
1月からちょうど半年、4月の新年度から四半期。
節目ですね。

実は今、
社労士の知人友人の間で持ちきりなのが、
特定社会保険労務士の試験、どーするexclamation&question
ということ。

で、これを受けるとなると、
この先半年のスケジュールについて、
カレンダーとよーくにらめっこしなければならないということで、
それでこの半年、四半期について振り返ったりしているわけです。


ところで、
特定社会保険労務士(特定社労士)とは、
単なる社会保険労務士と違って、
裁判にいたる前の争いの段階で解決手続をする(ADR)
その代理業務を行うことができる社労士のことなのですが、
特定社労士になるための試験(紛争解決手続代理業務試験)を受けるには、
必要な学識及び実務能力に関する研修を受けなければならなりません。
その申し込みが明日から2週間の期間に定められていて、
そろそろ最終的に決断を迫られています。


社労士会では、「特定社労士1万人突破を目指す演劇」とのコメントが
公になっているので、1万人突破までになんとかこの資格を取るべし
というのが、社労士の間での一般的な声のようです。

はぁ、プレッシャー。。あせあせ(飛び散る汗)


今後は、ADRの代理業務のみならず、
簡易裁判所における訴訟代理権も得られるようにしよう!
という動きがあるようですから、その法律が通ればますます将来像が
大きくなるかもしれませんね。

ただ最近、会社で仕事をしていてもつくづく思うのは、
続きを読む
posted by みかん at 19:59| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

勤務社労士の将来性

梅雨ですね。
今日はよく降りました。
昨日はとてもいいお天気でしたのに!

昨日は、京都へ出かけてきました。
いつもお世話になっている京都の学習会で
勤務社労士の先生にお話をしていただくことになり、
その打ち合わせのため。

この企画は、私が主催者の先生に、
勤務社労士として活躍されておられる社労士の方
できたら企業の管理職の方などにお話いただく企画が
あったらいいなぁと思っています♪

というようなことを、ちらっとお話したのがきっかけでした。
それが、現実のものになってしまうなんて!
本当に驚きですが、非常に嬉しく思っております。


さて、この学習会のご案内はまた改めてさせていただくとして、
私は講師をしていただく先生にお会いして、
実はとても反省しました。

“勤務社労士”というのは、
会社に勤務して○○会社の総務部で社労士の仕事をする者として登録をしている
そんな社労士のことを言うのですが、
やはり、会社の一社員であるため、会社の方針、体制等々によって
かなり仕事自体が左右されるわけで、
そんな中、「閉塞感」のようなものが
部分的にあると私自身感じていたのですが、
しかし、昨日講師の先生のお話を伺うと、
それはもうたんたんと
「気付いたことをひとつずつやっていきました」
ということで、現在は赴任された数年前に比較してかなり先生の息のかかった
風通しがよく、法遵守の精神が貫かれた、あるいは現場の社員からすると若干厳しい(労務管理もきっちりされているため)、そんな体制が整えられている様子をうかがい知って、

自分次第でやれるのに出来ていないことがまだ沢山あるexclamation

会社の体制やら何やら、いろんなことで言い訳をして、
逃げている部分が・・・アル。



ということに気付いてしまいました。
事前にお会いできたことに、本当に感謝しています。

先生は、どんな風に話そうか、結構迷われていたようでしたが、
そのありのままを差し支えない程度に、伺いたいと思っています。


現在勤務社労士としてお勤めの方、
勤務社労士のお仕事を探されている方、
その他、ご興味のある方、ぜひいらしてください。


ということで・・・
続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

最近、勉強会に参加して思ったこと

改正パート労働法が成立されたとのことで、
会社の制度をもう少してこ入れしなければならないことを思う今日この頃。
(これに着手するためには、自分自身の仕事も無駄を省かねば・・
無駄とは何か?必要なものは何か?
何をどうすれば、仕事は回転が速くなるかしら。。以上独り言。)

改正パート労働法については、また改めて記事にするとして・・・
(↓ひとまず、ご参考。)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/siryo/20070525.htm



今日のお題、
最近、勉強会に参加して思うことについて。


現在、私が定期的に案内を頂いている勉強会は4つほどあるのですが、
5月は久々にタイミングが合い、時間の隙間に勉強会の予定が
ぴたっと入り込んできました。
勉強不足ながら、3つの勉強会に参加して参りました。

  本

実は、3つの勉強会で共通して思ったことがありました。
それは、
続きを読む
posted by みかん at 12:35| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

社労士会の支部総会へ出席してきました!

だいぶ暖かくなってきました。
朝夕は少し冷えるものの。

屋外では花々が咲き乱れています♪
家の近所では、タンポポ、ツツジ・・
花屋では、カーネーション、ミニバラ、アジサイ・・
そう、もうすぐ母の日ですね。そんなこともちょっと考えつつ。


さて。
今日は、社労士会支部の総会へ出席してきました。
今年は役員改選の年で支部長先生が交代されましたので、
今後、支部の雰囲気がまた少し変わるのかもしれないなと
思ったりしました。


総会は、基本的にあらかじめ定められた議事について、
内容を確認し、質問、異論ないかどうか、
そして議決。
という一連の流れがありますので、それを聞くだけであれば
「参加しない」
のも選択肢の一つかもしれませんが、
それでも
「参加するが、基本」
という考え方もあります。
私はいちよう、後者でやっています。
やはり、折角登録した社労士ですし、
この目でしっかり見届けたい気持ちもあります。

それに、
普段、社労士の集まりでも仲間うちだとお会いしない
社労士先生もおられますから、
そういった方々との出会いも、私にとってはとても刺激の一つです。

今日も、ある先生に沢山お話を伺いました♪

続きを読む
posted by みかん at 23:40| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

賞与に係る健康保険料が変わりました!

桜の季節が、終わろうとしていますね。
昨日、夙川(京阪神間では名所のひとつ)をちょっと散策しましたが、
かなり散りつつありましたね。
それもまた風情があってよかったけれど。
他方、新緑が勢いよくぐんぐんあっという間に!
山は若い緑と深い緑が混在し、遠目に見ても賑やかです。


さて。
今日のタイトル
「賞与に係る健康保険料が変わりました!」

もし健康保険に詳しい方を対象にするものだったら、

「標準賞与額の決定に関する法改正について」

とかいうことになるのだけれど。。。

専門用語をわかりやすい表現に置きなおして説明することは、
法律を識る方においては特に、厳密な細かい点を
捉え違いする危険があると警戒されるかもしれませんが、
しかし、例えば会社で社員さんに対して説明する場合、
やはり法律用語そのままで突っ走るわけにはいかず、
一般的な日本語で十分理解できるように文章を考えるのも、
仕事の一つであるように思います。

それにしても、
今回の変更、パッと見簡単そうで、実はなんだかややこしいです。

平成19年4月から、賞与に係る健康保険料が変わったのですが、
どう変わったのかというと、

年間(*1)の賞与(*2)に係る健康保険料に上限ができた
という、ひと言で言うとそうしたこと。

(注意)
(*1) 年間とは・・・毎年4月から翌年3月まで
(*2) 賞与とは・・・つまり、通常の給与は別ね!…だけど…
   賞与って社会保険の場合、厳密には夏冬のボーナスだけじゃ
   ないのよね。ここがややこしいポイント。
   引き続き、以下お読み下さい。このことをお話します。



★賞与の健康保険料は、基本的にはこの算出方法★

例えば賞与額: 777,777円
1000円未満を切り捨てて→ 777,000円

この方が勤務する会社が加入する健保組合の保険料率が
50/1000だとすると→ 777,000×50/1000 で、
38,850円 これが健康保険料


今まではこれでおしまいで、賞与の支払の都度この分を
天引きするということだったのですが、

続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

『経理WOMAN』4月号に掲載されました!

桜の花が、本格的に開花を迎えましたね。
ほのかにピンク色で白く、幽玄の余韻を残しながら
木々が賑わっています。


ところで。

前回のブログで申し上げた大きなご報告。
実は、経理・総務関係の雑誌に、私の記事が掲載されました。

株式会社研修出版

『経理WOMAN』4月号

憧れのライセンスを手にしたその後は・・・?
経理の資格 取得して分かった 理想と現実


070403keiriwoman.jpg
http://www.kens-p.co.jp/info/keiriwoman.html


経理の資格とありますが、これは雑誌の趣旨からして
あまり気にしなくていいみたい。
税金、会計、社会保険、労働保険、労務関係・・・
といった内容のとても真面目な雑誌です。


皆さんビックリされるかもしれませんが、目
続きを読む
posted by みかん at 01:27| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

【ご報告】京都の勉強会でスピーチをしてきました。

今日は、黄砂がすごかったですね。
喉がなんだかからから・・・いがいが・・・
困ったものですが、しかし春が来たということですね。

ハートたち(複数ハート) チラホラ咲いているのを見かけました。


ところで、
昨日は、前回予告しました京都の勉強会で
勤務社労士としての経験談を、スピーチをしてきました。

結果は、、、

いろいろ勉強させていただいたなと思いますし、
自分を振り返るいい機会を与えていただいたとも思います。
主催者の先生や、スタッフの方には、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ただ、うーん、人前で話すってなかなか難しいなぁ・・・ふらふら

というほろ苦さが後味に残ってます。
にがいはにがいのだけれど、
昨日の私にはあれでも精一杯だったのかなとも思います。
それに、
私の前にお話された先生を同じ話す側として間近で見て、
非常に多くを学びました。

続きを見る
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

4/1(日) 京都の勉強会で、スピーチをします!

こんにちは! 手(パー)わーい(嬉しい顔)
随分春めいてきましたね、というより、、、
ずばり、春がやってきましたね〜かわいい


070326tokyo_sakura.JPG

▲これは、先週末の映像!
(東京にて/行ってきました〜このお話はまた後に)



この春、わが社にも、新卒の新入社員の方達が入社してきます。
例年のことですが、緊張します。

でもその前に、もっと緊張することがあります。

月一回お世話になっている、京都の勉強会で、
勤務社労士としての経験談をスピーチさせていただくことになりました。


対象者は、現在指定講習を受講されている方が中心で、
聞いて下さる皆さんの今後のご参考のためにお話をします。
40分ほど。

会社外で、社労士として大勢の人を前にお話しするのは初めてですので、
本当にどきどきで不安もいっぱいですが、
しかし私が今社労士として人前でお話できることを考えたとき、
このテーマならお役に立てるのではないかと思い、
ご依頼をお受けすることにしました。

私が一年前の登録時に知りたかったことを思い出しながら、
本音で、率直に、語ってみたいと思っています。


大まかな内容としては、 モバQ
 
続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 | Comment(8) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

意外にも、次の壁は・・・

あれから、1年が経ちました。
このブログをはじめた、昨年の1月、
社労士の資格登録手続きをした2月。

今年に入ってから、社労士の資格取得をしたというだけで
評価を受ける時期はそろそろ終わりだなとつくづく感じていて、
もっと目に見える仕事をやっていかなければなぁと
思っています。

別に、そんなに気負わなくてもいいんじゃない?
ちょっと自意識過剰だよ、と思われるかもしれませんが、
でも、ふと手元を見ると、、、
私が普段している仕事は、昨年と同じ事をしているだけである部分が多々。

もっと、改善の余地があるんじゃないかな。。。
もっと、なにかできるんじゃないかな。。。

仕事は、
黙って待っていてもやってこない。
私が社労士だからといって、特別な仕事をさせてもらおうなどと
考えるのはやっぱりちょっと甘い。(と痛感している。)
自分から気付いたことに取り組み、
上司や先輩にも意見を求めながら、
自分から積極的にやっていかねばなりません。

なにげなく隣の席に目をやると、
正社員と非正社員の格差についての問題に関する取り組み…
私も以前から気になっていた、、
会社でもやはりいろいろ声が上がっている。
隣の席の先輩がすでにある案を作っていた。。。

え〜、ちょっとまってよぉ。
先にさっさと着手されていました。


   車(セダン) ダッシュ(走り出すさま)

続きを読む
posted by みかん at 23:16| 兵庫 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

仕事と家庭の両立支援教育 産休育休シリーズ3

前回、勤務先で育児関係の教育
「仕事と家庭の両立支援教育」
を開催した旨お話ししました。
あれから、間延びしてしまいましたが・・・
今日は、その内容についてお話したいと思います。

第一部は、私を含め総務部の社員から@〜Bのメニュー

 @ 産前休暇前から産休、育休、育休の延長、
  復帰後の労働時間制限の請求と子の看護休暇について
  時系列で解説し、

 A 会社の出産のお祝金、健康保険の保険給付の説明
  (1)出産育児一時金及び附加金
   (法改正で金額上がりましたね!法定では35万円!!)
  (2)出産手当金について
   (↑これ、もうすぐ法改正でだいたいのお給料額の(注1)
    6割から2/3になるから説明の仕方がね・・・)


 B 雇用保険の保険給付の説明
  (1)育児休業基本給付金
   (これは法改正なし!)
  (2)育児休業者職場復帰給付金
   (復帰後6ヶ月間経過後)


そして、第二部は、
兵庫県立こども病院院長 中村 肇先生のご講話でした。
この先生、当然のことながら非常にお偉い方なのですが
気張らず、温かいご人格で、
ご講話でお聞きしたことを少し皆様にもお裾分けしたいと思って、
今回の日記を書いています。

  ぴかぴか(新しい)
                
               ぴかぴか(新しい)


続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

仕事と家庭の両立支援教育 産休育休シリーズ2

こんにちは!
昨日は、実に必死な日でした。

勤務先の会社で、上司の呼びかけにより、
小さな研修会を企画しまして、昨日それが開催されました!

仕事と家庭の両立支援教育 ハートたち(複数ハート)

といっても、一体何するの!??
って感じですよね。


実は、この教育の背景にはわが社における産休育休の取得者が
今までになく増加している状況がありまして、
また、そこにタイミングよく、上司がこんなものを見つけてきて
くれました。

兵庫県の少子対策事業のひとつです。
企業等での子育て力アップ事業
担当:兵庫県健康生活部少子局少子対策課

http://web.pref.hyogo.jp/hw09/hw09_000000008.html


上司にお膳立てしてもらい、私が企画した教育とは、、

   

続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

改正法令研修会へ行ってきました!

今日は、寒かったですねー。
携帯に表示される天気予報がずっと「曇り雪
帰り路、最寄り駅を出ると息が白かったです。
キーン・・・

今日は、私が所属する兵庫県社労士会主催の改正法令研修会へ
参加してまいりました。

平日の、昼間に。


会場でお知り合いの社労士先生にお会いすると、まずは

「あら、今日は有休!?」

とのお声をいただく。。

みかん:
「いいえ、今日はこれがお仕事なんです。」 わーい(嬉しい顔)


私は会社員(勤務登録の社労士)ですから、
皆さんどうしても、あれ!?と思われるのでしょう。


運良く、これまでの研修会は、勤務時間後だったり、休日の開催が
多かったのですが、今回は「法改正」についての研修会とのことで、
内容的には「絶対行きたい」カテゴリだけれども、
平日の昼間開催でしたので、参加について勤務先の上司に許可いただく際には、
私にもついに、「主張するべき時」が来たかと思いました。



     ビル


続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

しろくま勉強会(旧SRISさんと勉強会)

この週末は、本当に社労士漬けでした ( ´ー`)ダッシュ(走り出すさま)

土曜日は、この一年の間に社労士会に入会者を対象にした
新人研修があり、会則説明、倫理教育、そして開業当時の体験談といった
内容でした。


そして、日曜日はお馴染み同期で親しくさせて頂いている
SRIS社労士さん(いえ、以後しろくま社労士さん!)の
勉強会がありましたーーーー。嗚呼!
(関係者の方には、本当にご迷惑をおかけしてすみません。)

今回も発見がありました。

小さな会社と大きな会社、開業社労士と勤務社労士の違いということ。

社労士は、開業した場合、中小企業を顧問先に持ち、
そこの労働社会保険、その他就業規則の作成・整備、などなどなどに
携わるというスタイルがわりと多いのですが、、

中小企業を相手にした場合の開業社労士の目線というのは、
事業主(すなわち、社長さん)に向けられているんですよねexclamation
だから、必然的に経費がかからない制度とか、事業主優先の考え方になる。
例えば、育児休業など取られてしまったときにゃ、、、
小さな会社の専門的な仕事をする社員だったら、
欠員対応にすごく困ることになりかねないし(他の人に仕事を振りようがない!)、
その間の会社負担の社会保険料のことも気になるだろう。


でも一方で、ある程度人数がいる会社の場合、
例えば私の勤務先などの場合は、決して大きな会社ではないけれど、
組合もあるし、会社が社員の福祉ために、法律最低限のことを
ちゃーんとやっていないと、かなりバッシングを食らう。
そして、第一私自身、社員だしね。

例えば、育児休業も堂々と取得している!
その間、どうするかは会社が考えることだ。

でも、所属長は、育児休業を取る社員といい信頼関係があって、
仕事面でも信頼しているし、戻ってきてほしいと思っていて、
社員さんの方も、このまま会社を続けたいと思っている。
だから、OK!なのだ。
そんな感じ。
社労士としては、その社員の方がいかにスムーズに育休をとり、
部署が円滑に行くかを考える、といったところか。
(ま、↑これは理想。実際は社労士一人がやっているわけではないけれど。)
経営のことも、考えなくはない。しかし、役割が細分化されている。
部分的な数字についてはお話しできるが、
会社全体となると、出すぎた話になる。



  かわいい
続きを読む
posted by みかん at 00:45| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

年始の挨拶回りに行ってきました

毎日、寒い日が続きますが、お元気ですか? (・∀・)
正月休みが明けて、寒い寒い季節に突入するとやってくるのが、

 えべっさんぴかぴか(新しい)

私の勤務先のすぐ近くに、柳原のえべっさん(蛭子神社)がありまして、
今日は十日えびす大祭の本えびすで、大賑わいでした〜!
昨日が宵えびす、明日は残り福。
この3日間は、人と屋台の数が半端ではなく駅もまたものすごいことになっています。


さて、
このブログのアクセス元を見てみますと、
「再年調」を検索エンジンにかけて
見に来られている方もおられるようで、
年末調整ネタも同時進行させているので(忘れているわけではないヨ)、
そうだよね、そろそろ書かなきゃね、とは思うのですが。
次回書きまーすexclamation


今日は、今日のできごとを。


年始の挨拶回りに行ってきましたわーい(嬉しい顔)


     ビル


続きを読む
posted by みかん at 23:41| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

産休や育休って、誰でも取れるの!? 産休育休シリーズ1

昨日は、成人の日でしたね。
艶やかな着物姿の素敵な女性達と電車で一緒になりました。
可愛らしいなぁ。。。ハタチかぁ わーい(嬉しい顔)

ハタチといえば、国民年金ですよねexclamation
既にフルタイムなどで働かれている方や、
結婚されていてだんな様の扶養に入られている方は該当しませんが、、
ハタチになれば、学生の方も、アルバイトの方も、、
たとえ健康保険は親の扶養に入っていたとしても、
国民年金の被保険者となります。

(窓口は、各市区町村です!)


さてかわいい

今日から、産休育休について少しずつご案内します。

これを書こうと思ったきっかけはいくつかあるのですが、
一番のきっかけはというと、
ある友人の勤務先では、産休育休はほぼないに等しいそうで
(会社を辞めざるを得ない・・!?)子どもを持つこと自体を真剣に
迷っている姿を見て、他にもそういう方がおられるのかもと思い、
法律上取れるんだよ!とこのブログでも言いたかったことです。


今日は導入編。

産休、育休は誰でも取れるのか!?
会社によっては、取れないのか!?


続きを読む
posted by みかん at 01:10| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

勤務社労士的つれづれ日記

土曜日の出勤って、、
その日が来るまでは
「なんてこった、私の土曜日を返せ!」もうやだ〜(悲しい顔)
なのだけれども、その朝になってみたら、
「わりと、いいかも!?」グッド(上向き矢印)
だったりします。。。

という今日は、そう、土曜日出勤でした。

土曜日出勤のいいところは、
美しい土曜日の朝にちゃんと起きて好きなラジオ番組が聴けること。
 NHK-FM WEEKEND SUNSHINE DJ Peter Barakan
(いつもの土曜日は、この番組が終わる9時ごろに目覚める…(T_T))
そして、ゆったりと人の少ない電車に乗り座って出勤できる。
出勤しても電話は少ないし、出勤する人も少ない(必然的に休暇を取る人が多い)。
5時半になったら、みんなさっさと帰る、、これも気持ちのいいものだ。
ということで、昔の・・・授業が昼までだった土曜日の学生のような気分なのだ。

しかし、、今日は電車も結構人が多かったデス。なぜかはよくわからない。



ま、そんなんで、普通に出社したわけですが、
今日は社員さんからちょっとしたお問い合わせがあって、
新米の勤務社労士(会社に勤める社労士のことね)としては、
ちょっとどき目としました。。。


  バスケットボール

続きを読む
posted by みかん at 23:42| 兵庫 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

年頭のご挨拶

新年明けましておめでとうございますかわいい

皆様、お正月はいかがお過ごしでしたか?
お仕事の方は、本当にご苦労様でした。

私はというと・・・両親の田舎に帰省して親戚に会ったり、旧友に会ったり、
普段会えない人達の顔を見て声を聴き、
のんびりばたばた…お正月らしいお正月でした。
そして、気付くとぷっくり。。
お正月って、どうしてこう確実に太ってしまうのでしょう。(泣)


さてさて、このブログ。
年末は、源泉所得税・・・年末調整ネタでかなり埋まっていましたが、
―実は、年末調整って、社労士はしちゃいけないんですよね。
本当は税理士さんのテリトリーだそうで。私はあくまで、
会社の“給与支払担当者”として書いているつもりですが…
士業は、その辺の守備範囲の境界に関する取り決めがとてもうるさいのです
私自身、研修会で聞き知ってびっくりしましたが。Σ(゚Д゚;―


今年は、 産前産後休暇・育児休業 についても、
もうちょっと腰を据えて書いてみようと思っています。

このネタは昨年も5月中旬から一時期シリーズで書いていたのですが、
昨年秋以降、この正月休みの間にも、友人や親戚に会う中で、
もっと制度的なことを知っていただく意味があることを感じました。
私がこのブログでご案内することによって、
ネットで検索された方や、友人のお役に立てたら、いいなぁ!と思っています。


続きを読む
posted by みかん at 22:50| 兵庫 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。