2008年05月22日

反省しています。

忙しいことを理由に、いろいろなことをお断りしたり、
予定計画を諦めることがあります。

何を優先するか、
それは難しいことであり、時に簡単なことかもしれませんが、
しかし忙しさゆえ、何か大切なものを見失ってしまうということは
ないでしょうか。。。


私は、今年に入って4月ごろから仕事が不安定で
先が見えずバタバタとしていたのですが、
少し前にこのブログでも書いた産業カウンセラーの講習が
始まったこともあり、平日のいっぱいいっぱいの仕事と
週末の講習で、本当にいろいろな予定をキャンセルし続けてきました。

しかし、今日5月の給与明細を配り終え、久々に早く退社できることとなり
しばらく行けなかった習い事に顔を出したとき、
自分の愚かさに気付かされました。。


実は私は前回行った時に、次回は何曜日来るかと問われて、
「うーん、、、次は、、いつ来れるかわからないですぅ」ふらふら

と言ったのですが、
私は思っているそのままのことを言ったつもりが、
それまでにも時々休んでいたため、
先方は、「辞めるのかな」と思ったらしく、
捉え方によって、違う意味に取れる言い方をしてしまったことだけでなく、
習い事とはいえ、関係者の方達との人間関係をないがしろにしていたなあと
反省しました。

ましてや、ご好意によるお誘い、
その他、ありがたい機会を与えていただいているにも関らず
忙しさを理由に参加をお断りするというのは、
さぞ周囲の方達の気分を害したことだろうと振り返って考えています。


そんなにスケジュールが立たないのなら、
いっそ事情をちゃんと説明して、いつからいつまでは行けない、ということにするなど、
なんらかの判断をしなければならなかったなと思いました。


「忙しいから仕方ないのだ」
というのは、言い訳というか言い逃れだなと我ながら感じています。
開き直ってどうするのだ。
第一、誰だって、それぞれ忙しさの中で毎日やっているのだ。


忙しさを理由に○○ができない!
という台詞は、極力やめるような状況を作ろうと今思っています。


よくばりなので、ついついあれもこれも手を出してしまいますが、
こういうときは、きっぱり何かをやめるのも一つの判断であり、
大切なものをないがしろにしない態度であると
言えるのではないかと感じています。

あれもこれも気にかけることによって、
結局どれも手落ちで、人には迷惑をかけたり気分を害したりして、
自分でも情けない思いをすることになる。
これではなにをしているか、さっぱりわからないですものね。

大人の生き方というのは、選択の幅が広いだけに、
なかなか難しいものです。
一人前の大人になりたいとは思うのですが、
まだまだ道のりは長そうです。




     サッカー
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 就業環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

 オレも仕事などで「忙しくて、まだ出来てません」などという言い訳をするとき、とても罪悪感を感じるようになってきたわ。4月は仕事が手一杯であれもこれもありすぎて優先順位がつけられんくて、結局言われるまで、期限のキワキワまでほったらかし、なんてことばっかりでした。「今日の一針は明日の十針」という言葉があるように、そのときそのときで優先すべきことをもっと大事にせんとな、とつくづく思うわ。


 あと、仕事に限らず自分ではあれもこれもできたらいいな、と思うけど、やることを絞らないとホント全部中途半端になってしまうよな、と感じます。捨てるべきものは捨てていかんと、全ては抱えきれんよな〜、と。

 タイムマネジメントも大事だけど、取捨選択することも大事ですな。
Posted by こむ at 2008年05月23日 07:24
☆こむさま

ほんとそうですよね、
ちゃんと選んでいかないと
結果的にすごく無責任なことになることがあるんですよね。。
当たり前のことなのに欲張ってしまう自分が
本当にあほだと思います。

Posted by みかん at 2008年05月24日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97609477
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。