2007年12月30日

年末、片片談々。

2007年も残すところ、わずかとなりました。
このブログを通して、ご覧頂きました方と
いろいろな話題を共有できましたこと、嬉しく思っております。
ありがとうございました。

年越しを控え、ブログのあり方について一考しているところですが、
来年も当面こちらの頁で書く事を続けていきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いします。

 m( __ __ )m


071227symphony_h..JPG
(年末だし、年に一度くらいは姿を現してもいいかなと・・)
シンフォニー・ホールにて 12月27日

1.今年の第九

毎年、必ず第九をというわけではござりませぬが、
誕生日に佐渡裕さんの第九を聴きに行って参りました。

計画的犯行により、あらかじめチケットは取らず立ち見で。
毎年チケットは完売で、立ち見が発券されるんです。
それを味わうのもオツ!?(ちなみに3,000円也)

佐渡さんのは、何が素晴らしいかって、

〇なんといってもお客さんの気合いが違う、
 だからめちゃ盛り上がる。すごいよ。
〇一つ一つのパートにしっかり息がかかっていて、
 まるで草の芽に水をやるよう。
 聴いていると、こんな音がこの曲にはあったのかと
 発見させられる。
〇見ていて、わかりやすい。そして、情熱的でチャーミングだ。
 彼自身、演じてるんだね。

そんな感じ。
歌手も素晴らしくて、特にバリトンのキュウ・ウォン・ハンさんは
素敵でした〜♪かっこいいねえ。
そう、第4楽章の第一声も、やりましたよ。
しっかり、鳥肌が・・ぶわーっと。
第4楽章というと、導入部分のあのコントラバスのパート、
あれは絶対言語化できると思うの。
語りかけられているようで聴くたびに空恐ろしい。

そうそう、全体を通じて鳥肌が立つべきところでしっかり立った
決まったぜ!な演奏で心地よかったです。
合唱は特に素晴らしかったです。
(失礼ですがオケより、合唱が素晴らしかった。)

最後の最後の数小節で、トランペットが高らかに鳴り響く部分で
この一年のことが早巻きでさーーーっと流れていきました。

生きていると面白いもので、
今年もいろいろな思いがけない出会い、できごとがありました。
勇気付けられたり、嬉しいこと、悲しいこともありましたが、
全ての出会いに感謝し、そして、何ごとも経験で学ぶことを
改めて実感しました。

ということで、案ずるより生むが安し、
来年はさらに“実行する!”ことを
決意致しました。
思い切って、やってこー!


2.誕生日

誕生日に思いがけなく「おめでとう!」を言われると
嬉しいものです。覚えていてくれたことに、感動しました。
今年は今までになく、肩にずっしりと重いものを感じております。
仕事も、プライベートも、今ちょうどギアチェンジすべき所に
きているみたい。

仕事は何年も同じ部署に居ると、上司よりも業務に携わっている
年数が長くなり、責任者ではなくても業務遂行者としての
責任を問われることを、内部統制やらのコンプライアンスの
観点からも最近感じているところです。厳しい・・

プライベートも、いろいろねえ。大変。。(思わずため息が・・)


3.ついにPC購入!

昨年もずっとほしかったけど、渋り渋り、、ついに買いました。
うれしいぃ〜!!キャア!
持ち運びが楽な小さめのノート。それだけです・・記念に書いておいた。


4.クリスマス

そういえば、PCはクリスマス連休に買ったのでした。
クリスマスというと、いろいろなお菓子が登場・・

071230hexenhaus.JPG
ユーハイムさんの、ヘクセンハウス。
発想としてはオーソドックスだけど、夢がある素晴らしい企画!

071230caramelcorn.JPG
東ハトさんの、キャラメルコーン。
最近のキャラメルコーンはパッケージがカワイイ。
このサンタさんバージョンも◎!

こういうものを見ると、楽しくて、作った人々を尊敬します。
そして、感動したら必ず買うことにしています。
楽しいひとときを、ありがとう!!
(こういうの、好きなんです。)


5.これからの仕事観

ということで、最後はこれで締めくくりたいと思います。
勤務社労士みかんのブログですから、それらしく!?

もちろん、ルーチンワークもちゃんとやっていかなければならない
のですが(そうした当たり前のことこそ課題なのですが・・)
それと同時に人事評価制度などの企画的な仕事にも
先輩と共にやっていかねばなければなりません。
どうやって、やっていくのだろう。。勉強せねば。。
他社の求人を見ても、時代の急速な変化に応じ、こうしたキャリアが
非常に求められているようです。
特に30代以降では、それが一つのステップアップの指標に
なっているように見受けられます。
制度構築や、運用を上手くできるのかどうかは、
企業の質にもよるのではないかなと、思うのですが。
(なんだか、息苦しい。)

社労士は、開業するのと、会社勤務でやっていくのとでは、
求められるものが違います。
というか、仕事そのものが違ってくるのだと思います。
求人を見ると、それを非常に感じるところです。

私は当面は会社勤務し、人事の経験をもっと積んでいきたいと
今のところ考えています。

余談ですが、
先日、同じ高校を卒業した友人から伝え聞いたのですが、
卒業名簿の私の職業欄、勤務先会社名は消え、
社会保険労務士、ってなってるらしい。
なぜだ?私は何も連絡してないぞ。どうなっているのだ??
(気持ち悪いけど、面倒だから放っておこう。)


ということで、今年はこれでおしまいです。


また来年、お会いしましょう!!

お元気で、良いお年をお迎えくださいませ。



いい気分(温泉) 今日は寒かったですね。風邪などお召しになりませぬよう。
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。

何度かコメントさせてもらっているカニと申します。

実は12月に職場で激震が走りました。
どうやら仕事を辞めることになります。辞意は明らかにしておりませんが・・・。

私も大きなターニングポイントを迎えているようです。

詳しいことは後日にメールさせていただき、相談に乗ってもらえたらと一方的に思っています。
相談といっても聞いてほしいという気持ちの方が強く、すでに答えは出しているのですが・・・。

みかんさんの経験からもこの話を聞いてどう思われるか感想をお聞きしたいと思うのです。

既に就職活動は行っていますが、職業が不安定になると今年の社労士受験に大きく影響を及ぼしそうです。すでにここ1,2週間はあまり勉強できておりません。

就職は縁の物です。実力を備えていてもその時に求人がなかったら採用はしてもらえません。社労士取得が直接的に就職に結びつくことも考えにくく、社労士受験と再就職では再就職優先とせざるを得ないのも事実です。

詳しいことはメールさせてもらいます。勝ってばかりですがよろしくお願いします。
Posted by カニ奉行 at 2008年01月01日 16:55
☆カニ奉行さま

こんにちは。
ご覧頂きありがとうございます。

メールはまだチェックしていないのですが、
ひとつひとつが絡み合い、
不安が大きくなっているのかなとお見受けしました。
(偉そうなことを言える立場ではないのですが・・)

社労士受験を控えておられるのですね。
受験生にはいろいろな立場の人がおられますよ。
お勉強中にご家族がお亡くなりになったお話も
伺ったことがあります。
何があっても、チャンスは一年に一度きりです。

他方、就職は・・ご縁のものですよね。
こちらは、私も手探りで最近市場チェックしている
ところですから、なんとも言えません。

しかし、心配ばかりしていては前に進みませんから、
毎日小さな時間を利用してお勉強されて
(ってこれが私もなかなか苦手なのですが・・)
とにかくご自身を信じてやっていかれる!
これじゃないでしょうかねぇ。。。。。
(書くのは簡単・・大汗)

今からメールを拝見いたします。


Posted by みかん at 2008年01月03日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75568122
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。