2007年10月02日

年金のお話 事例@ある女性の生き方とともに

やっぱり、秋が好き!
そう実感します。
夏が終わり、あのじめじめから一転、スゥーと涼しくなる。
私はこの季節がすごく好きです。
やっと目覚めて、人間になった!といった感覚。
やっといろんなことを感じることができるようになったような。

でも他方、ある人々に言わせると、
この季節は「人生の終わり」のように感じるそうです。
あるいは、「子供の時代が終わった」感じとか。
昨日お話しした人は「不安で不安で仕方なくなる」そうです。
なぜかしら。季節感って、面白いですね。


さてexclamation
今日は、やっと腰が上がって年金のお話をします。
具体例の第一弾です。

9月、友達の一人が結婚しました。
彼女は高校のときからの仲で、
結婚を機に退社し、彼の勤務先である遠い地域へ行ってしまいました。

今回は彼女にちょっとまなざしを向けつつ、
ある女性の生き方を通して、年金手続きの流れを追ってみます!


   くつ くつ くつ

事例@ A子さん(女性)の場合

A子さんは、大学卒業後、22歳で会社Lに就職しました。
しかし、いろいろ問題があり、2年後退職しました。
その後、しばらく就職活動をした後、会社Mに再就職しました。
会社Mでは、人間関係に恵まれ、長らく仕事をしていましたが、
結婚することになり、会社Mを退職することにしました。
なお、平成×年6月10日に入籍し、平成×年6月20日に退職しました。
退職後、雇用保険の基本手当を受けながら
(一般的に失業保険と言われているもの)
しばらく仕事を探していましたが、
結局、生活にもう少し慣れるまでは会社Nで短い時間でパートをすることにしました。
1年後、パートの仕事がだいぶ慣れてきて、勤務先会社Nからもう少し長い時間
働いてもらえないかとの要望があり、正社員の方と同じ時間働くこととなりました。
しかし、さらに1年後、勤務先の就業環境に変化があり、
退職することとしました。

そんな、ストーリー本


上記の文字 ←この色の部分が
手続きのキーポイントとなっています。


次に、具体的な手続きについて見ていきたいのですが、
ちょっとながーくなってきたので、
次回、順を追ってみていきます。



to be continued... 手(パー)わーい(嬉しい顔) またね!

posted by みかん at 23:32| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58496703
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。