2007年05月29日

最近、勉強会に参加して思ったこと

改正パート労働法が成立されたとのことで、
会社の制度をもう少してこ入れしなければならないことを思う今日この頃。
(これに着手するためには、自分自身の仕事も無駄を省かねば・・
無駄とは何か?必要なものは何か?
何をどうすれば、仕事は回転が速くなるかしら。。以上独り言。)

改正パート労働法については、また改めて記事にするとして・・・
(↓ひとまず、ご参考。)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/siryo/20070525.htm



今日のお題、
最近、勉強会に参加して思うことについて。


現在、私が定期的に案内を頂いている勉強会は4つほどあるのですが、
5月は久々にタイミングが合い、時間の隙間に勉強会の予定が
ぴたっと入り込んできました。
勉強不足ながら、3つの勉強会に参加して参りました。

  本

実は、3つの勉強会で共通して思ったことがありました。
それは、
「判断力」
ということについてです。

・・・あ、そういえば連休の辺りにも一度「判断力」について
書いたような気がする・・・でも、今回はそれとは違って、
「良識ある判断」とか、「良識ある解釈」とか、
そういうことについて語りたいのです。


つまり、
例えば、私は社労士なので、
社労士がカバーする法律については最低おさえているはずなのですが、
法律の条文を四角四面に正確に知っていれば
社労士として完璧な仕事ができるかといえば、
そうではないのであって、
事実を真っ当に判断する良識があってはじめて
人様のための仕事ができる

のではないかと。。。


例えば、パートタイマーの残業について。
勤務時間 9:00-17:00(昼休み12:00-13:00)7時間勤務
時給 1000円
このようにした場合、割増賃金を支給するのは

@法律通り(最低基準)であれば、
   →18:00を越えた労働時間について割増賃金が発生する。
    つまり、時給が1250円等の金額になる。
他方、
Aこのパートさんの定時である17:00を超えた時から割増賃金を
 計算するのであれば、
   →法律よりも多少多めに給与を支給することになる。
    (もちろん、これは法律的にはOKだけれどね)

このことが勉強会で話に出たとき、
ある参加者の方が、

法律的には@案がうたわれているけれど、
しかし、そもそもexclamation   
「残業」というのは、所属長が指示してやるものであり、
会社の都合により残業しているのであるから、
予定した定時に帰れず、残業して働いたものに対し、
17:00を超えた部分について割増賃金支給するべきではないか
とおっしゃったのです。

確かに、
法律上は、@が最低基準として保証されているわけだけれど、
その基準を超え、ある判断としてあるべき姿を定め、
Aを会社の決まりとする。

いいんじゃないかな。

何を理想とするか。
あるべき姿はどういうものか。

人を管理するとはいかなることか。

Aの発言をした人は、法律の最低基準の上に、
さらにそのような「ある判断」を付加したわけです。

こうして、事業所の決まりごと(就業規則等)が
ますます生きてくるということになるのだろうと思いました。


われわれ社労士の仕事は、
法律+良識ある判断
によって、あくまで「選択肢」を作り(選ぶのは事業主)
事業主が会社の理想の姿に近づき、社員が働きやすくするための
お手伝いをする、そういう面も一部あるのだなと思いました。


posted by みかん at 12:35| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょうど、私も、つい数日前、「良識ある人間になる」ことを目標の1つに加えたところでした!!
今の私は、自分の日常生活がベースなんだけれども、
「良識」を身に着けたいな、と強く思ってます。
もちろん、今日、明日努力したところで身につくものでなく、一生心がけていくものだけれど。
みかんちゃんのブログを読んで、なるほど!と思ってます。
仕事をする上でも、机上の知識だけでなく「良識」がものを言うんですよね。
ちなみに、以前の「判断力」の記事で、私も「判断力」を身に着けよう、と思い始めたんです!
いつもいつもありがとうございます!!!
Posted by がっちゃん at 2007年06月01日 16:16
☆がっちゃん

こんにちは!コメントをありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい大変失礼しました。

がっちゃんと私は、同じようなことを考えていることが
本当に多いよねー!がっちゃんの存在はいつも心強いです。
そうそう、仕事をする上でも「良識」による判断が
できることはとても大切だと思うわ〜!
ともすると、「私利私欲」や「好き嫌い」で
主観的に仕事を進める人がいるけど、見てられません。
だからこそ、「良識」をきっちりともって、
人前で堂々とそれについて説明できる方に出会うと、
ものすごく感動するのよね☆☆

がっちゃん、
こちらこそ、いつも本当にありがとう〜☆

Posted by みかん at 2007年06月04日 07:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43306326
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。