【後編】 〜2・6・2の法則,勤務社労士みかんのブログです。社労士のこと、人事労務の仕事のことなどなど語っています。どうぞお楽しみください☆☆☆" />

2007年05月03日

蜂騒動 本 【後編】 〜2・6・2の法則

前回掲載した 蜂騒動 むかっ(怒り) の事件を通して、
思わず思い起こした
2・6・2の法則、2・8の法則について今日はお話します。


【後編】

2・6・2の法則
2・8の法則



ご存知の方も多くおられるかと思いますが、
まずは私が認識している範囲で簡単に説明します。

  ★★★


★ 2・6・2の法則

仕事をしている集団がある。
そのうち、率先して働き、生産性を上げているのは、2割
2割についていって普通に仕事をしているのが、6割
ろくに仕事をしない、あるいは足を引っ張っているのが、2割

さらにこの集団、
上位者のよく働く2割だけを、新たな集団として働かせたところ、
結果的には、時間が経つとその中でやはり 2・6・2に
分かれてしまうとのこと。

この原典はよくわからないのですが、
働きアリの観察研究 によるものだそうです。


★ 2・8の法則

これも、2・6・2に似ているのですが、
集団の中で必死に働いているのは、2割 だという理論。

で、先ほどとは逆に、
この集団のよく働く2割を、今度は除いた場合、
残り8割の集団から新たに必死で働く2割が出てくるそうです。

これは、高校時代の先輩に聞いた話で、
働き蜂の観察研究 によるものだそうです。


ただ、この2・8の法則には、
パレードの法則という理論もあって、
こちらは20%のコストで80%の成果が挙げられるという現象からの
経験則によるものだそうです。


  ★★★


昨日、蜂がうようよ寄ってきていたわが家の換気扇に
ビニールで蓋をしたとき、その現象を見て他の仲間の応援を呼びに行ったのは、
あの集団の中の2割の中の誰かだったのか?!
彼らの仕事、本当にスゴイ!
200,300くらいの仲間たちを導引したのではないか。
正確な数は全然分からないけれど、100は下らないはずだ。

また他方、
その蜂たちの塊に殺虫剤を振りまいた結果、
屍と化した20,30の者たち。
殺虫剤の効力を真に受けたのは、ほんの一部だったはず。
結局、その生命力のなさ、
もしかしたら、一生懸命働いた結果の殉死だったのかもしれないが、
しかし、生き延びるための逃げ道の知恵を持たなかった
末端の働かない2割だったのかな、
などと想像してみた。(完全に勝手な空想。。)

この法則を用いて、下の2割を切るというリストラ策を講じた企業も
あったそうですが、しかし上記の通りで、切ったからといって
単純に好転するわけではなく、時間が経てば新たな2割が出てくる。
ということで、“集団”には、上位2割には上位2割の、
中間層6割には6割の、下位2割には彼らの、それぞれの集団が果たすべき
“役割”というものが自然の摂理で(?!)在るのではないか?
と考える人もいるようです。

そうね、そうかもしれない。。。

次項有
集団を率いていくのが得意な人たち(2割)

次項有
その者たちがグイグイ前に進みやすくするように上手くフォローするのが得意な、
あるいは、命令されたことを忠実に再現するのが得意な人たち(6割)

次項有
仕事に手を出すのは苦手だけれど、彼らに旗を振るだけの人たち、
あるいは、社会的ニヒルな人たち(へそ曲がり)・・・しかしそれゆえに多角的な対応が集団(会社)に求められ、集団の価値が高まるきっかけをもたらす(?!)
そんな人たち(意味分かる?!)(2割)

彼らを、その集団全員を肯定的に受け入れ、
公正に評価する仕組みがしっかり出来ている、
そして、その仕組みに賛同しない者が集団を退く、
というのがもっとも理想的で効率のいいやり方なのかもしれない。
結局そういうシンプルな結論!?

でも、その“公正さ” が難しいのよねexclamation&question

表向きだけはいいけれど実は“ニセモノ”なのか、
表向きはかたぶつでも、実は“ホンモノ”なのか、
評価者は、本当にその人の運命の鍵 パスワード
握っていることを決して忘れないでほしい。
ただ公正に評価し、それぞれの特性を見抜き、
正当な配置をし、育ててほしい。

今日はこのブログを書きながら、最後にそんなことを思いました。

うーん、最後は結構ホンネトークになってしまった。
実は最近、いろいろと不満なことがあって(泣) もうやだ〜(悲しい顔)

組織って、ホント複雑ですよ。
いろいろな力が、いろいろな私情が。
時々嫌になります。もうやだ〜(悲しい顔)

でも、出来るだけ流されず、自分の仕事に徹するよう
努めなければなりませんよね。
余計なことは、考えないこと!(自分へ反省)
(精神論になっちゃった。。。)



連休も後半の一日が終わろうとしています。
この自由時間、できるだけ満喫しなくちゃね♪



   モバQ ・・・
posted by みかん at 23:24| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 就業環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど〜!
2・6・2の法則と2・8の法則、初めて知りました!
興味深いですね!
みかんちゃんの、組織への思いとはズレるかもしれないけど、
私が思ったのは、集団の中で、不公平に思うことがあったけど、
この法則によると、納得というか、納得できないけど、からくりがわかった、という感じです。
良い方に考えたら、能力発揮するかしないかは、
置かれた環境によるのかなぁ、とも思いました。

Posted by がっちゃん at 2007年05月04日 08:13
☆がっちゃん

コメントありがとうございます☆

>この法則によると、納得というか、納得できないけど、からくりがわかった、という感じです。

ほんとそんな感じしますよね、“からくりがわかる”って表現、
私もそんな風に思います。
科学的に説明がつくと、冷静な気分になりますよね。

>能力発揮するかしないかは、
置かれた環境によるのかなぁ、とも思いました。

確かにおかれた環境によって全然違うのでしょうね。
ちなみに・・・
私の場合、“上司のひと言”ですんごいやる気満々になったりしますよ。
発揮できるかどうかはまた別の話だけど。。(汗)
Posted by みかん at 2007年05月05日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。