2007年03月05日

魅惑の正方形展 〜神戸ファッション美術館

少し前の日記の最後に予告した美術展

魅惑の正方形展

へ行って参りましたるんるん

ハンカチーフをテーマにした展覧会です。

神戸ファッション美術館(六甲アイランド)


こじんまりした催しでしたが、
まぁまぁ面白かったですハートたち(複数ハート)

そもそもハンカチーフとは、、
装飾品の一部としてオシャレとして手に持って着飾っていたものなのね。
貴族が衣服や装飾品でその裕福さを誇示したことの一部が
ハンカチーフの歴史にもしっかりと刻み込まれていて、
その繊細な工芸はため息モノでした。
当時のハンカチーフは、細やかなレースが沢山施されたもので、
展示品のほぼ全部は白でした。
形は正方形。
“正方形”は、、
かのマリー・アントワネットが夫ルイ16世に
「ハンカチーフの形は正方形にする」法律を作らせたらすぃ。。
と、解説に書いてあった、けど・・・
うーむ・・・この一文だけではなんともいえないよね。
もうちょっと詳しいことが知りたいような気もします。


それから、

時代と共に、用途も変遷し、
現代のプリントもののハンカチになるのですが、

とっても素敵なハンカチ!
ありましたね〜!


今回は図録販売がありませんでしたので、
このブログで写真などは掲載できませんが、

同行してくれた友人が気に入ったのは、フランスものの、
左端上には、バスかタクシーだかが走る絵、
右端下には、雨の中を男女がアイアイ傘を差して前かがみに闊歩する風景
・・・これがね、二人の顔が傘で隠れているところが粋なのよね。
他にも素敵なモチーフがあったはずだけど、
わすれちゃった。
深紅色、赤がちょっと深くなったエンジ色でもなく赤でもない。
とにかくとってもオシャレで素敵でした。


私が気に行ったのは、イギリスものの、
子どもの絵本がもとになっている図柄で、
お城で姫と殿が居て仲良くしていて(多分そんなんだった)、
表では衛兵が居眠りをしている。。
そして、何羽かの鳥が飛んでいて。。。
布一枚の小さな空間に、
石垣模様、野ばら模様、空と雲、部屋の様子、、
などいくつかの風景が描かれている。
ハンカチとして折りたたんでポケットに入れるとき、
これらのいくつかの風景は、いくつかの柄となって、
楽しませてくれるのだ!
そうそう、そうなのよね。
絵全体も素敵だったし、パーツのモチーフも素敵だった!



私達のお気に入りはそんな感じでした。


日本のものも素敵なものがありました。
浮世絵のものとか、
子どもをモチーフにした季節感溢れるイラストとか。
素敵でした。


今回行った神戸ファッション美術館には、
図書館もありまして、なかなか興味深いです。

また、特別展以外のエリアには、民族衣装や衣服の変遷などをテーマに
いろいろな衣服が展示してあって、面白いです。


ご興味のおありの方、
HPはこちらです→ http://www.fashionmuseum.or.jp/src/



完全に、私の週末趣味日記デシタ。えへ!



   end
posted by みかん at 23:58| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35313347
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。