2006年12月16日

年末調整 10 扶養控除等(異動)申告書のポイント

年末調整の仕事に初めて携わってから、
今シーズンで7回目を数えることとなりました。
初めは先輩に言われるまま・・・ハイハイと。
自分のペースでやれるようになったのは、ここ3回くらいでしょうか。
しかし、仕事って、
発想を変えたり真剣に考えることをしなければ、
何年経っても一向に改善されない、発展しないような気がします。
年数を経ると、それだけいろいろなケースに遭遇し、発見もありますが、
やはり、その両方があってこそという気がします。
私自身、いつまでもダラダラやってずに、貪欲に学び、
良くすることについてしっかり考えていかねばと思います。

シリーズ、10回目ですが、語りだすと止まらなくて、
「わかりやすさ」がイマイチになっちゃってたらスミマセン。。。

でも、書いてゆきます!


「扶養控除等(異動)申告書」の作り方 ポイント



 レストラン

*** 材料 ***

・扶養に入れるご家族の給与明細書
  ・・・ご家族に収入があるときね!今年の1月1日〜現在までのもの

・または、年金等の支給通知書
  ・・・でも障害年金は、非課税なので、考慮に入れなくてOK!



*** 作り方 *** 

@ まず記入する前に、どのご家族が扶養に入るか、チェックしてみましょう。

 ハート 扶養に入るかは入らないかは、ずばり、今年の1月1日〜12月31日までの
  所得金額の額面だけで決まります。
   扶養の範囲・・・所得金額が38万円まで
     給与所得者(つまりパートやアルバイトもこれね!)であれば、
   収入金額(総支給額−通勤手当)が103万円まで

 ここで、所得が38万円(給与の収入額が103万円)を超えてしまう場合は、
 扶養に入れることができませんので、申告書には名前がかけません。


A 扶養に入れることになったご家族や配偶者の現況について、考えて見ましょう。

 スペード 老人(今年の1月1日現在で70歳以上)であるかどうか?
 クラブ 障害者であるかどうか?
  ・・・障害者であることの判定は、各種障害者等の手帳の交付または、
    医師による診断書の交付を受けているもの。
  ・・・精神上の障害ももちろん該当します。


B ご自身の現況について、考えて見ましょう。

 クラブ 障害者であるかどうか?
 スペード 勤労学生であるかどうか?(あまり該当がないので説明は割愛させてください)
 ハート 寡婦(女性)や寡夫(男性)に該当しないか?
  ↑ココ、ポイントです!!

 
  ・・・ちなみに寡婦と寡夫は、定義が異なります。
    ↑女性はやはり弱い立場。日本社会の縮図の一部。


税務上の寡婦、寡夫とは・・・

次の条件【1】と【2】の組み合わせによって、決まっています。

 【1】まず第一条件として@〜Bがあります。
  @ 夫または妻と死別した後、婚姻していない人
  A 夫または妻と離婚した後、婚姻していない人
  B 夫または妻の生死の明らかでない人


 【2】次に、第二条件として、次のA〜Cがあります。
  A 生計を一にする子がある
  B 扶養親族がある
  C 合計所得金額が500万円以下である
   (注)合計所得金額500万円以下とは・・・
     給与収入の場合、給与の額から通勤手当の額を差し引いた金額が、
     6,888,889円以下であることとなります。


次項有 女性(寡婦)の条件

 パターン1:【1】@〜Bのいずれか かつ 【2】AまたはB
  つまり、夫と別れて親等を扶養しているか、子と一緒に住んでいる。

 パターン2:【1】@またはB かつ 【2】C
  つまり、離婚以外で夫と別れて、所得が500万円以下。


次項有 男性(寡夫)の条件

 【1】@〜Bのいずれか かつ 【2】A かつ C
  つまり、妻と別れて、子と一緒に住んでいて、所得が500万円以下。


ちなみに、女性の場合は、「特別の寡婦」という区分があり、
 上記の寡婦の条件のうち、子を扶養していて、所得が500万円以下
であれば該当し、更に高い金額の控除を受けることができます。


 ★寡婦や寡夫に該当した場合・・・2万5千〜7千円くらい税金金額が低くなります。

 ★特別の寡婦に該当した場合・・・3万2千円〜5千円くらい税金金額が低くなります。



寡婦寡夫の説明でながーーくなってしまいましたが、
これはぜひご存知頂きたいと思って、あえて書きました。
離婚等、最近増えていますし、該当する方でも手引きを発行しても、
記入漏れ(すなわち申告漏れ)がよくあります。
こうしたところは、会社側(総務部)もよくチェックして差し上げると
いいのではないかと思います。
ただし、所得等、給与所得だけとは限りませんので、その点も注意は必要ですが。


C 以上のようにして、確認作業を終えたら、実際に記入しましょう。

・お子様は、特定扶養親族ではありませんか? →該当欄に○印を!
・老人の扶養親族の方は、同居ではありませんか? →同上
・扶養親族でご収入がある場合、所得金額欄には、
  「総支給金額 − 通勤手当 − 65万円」(あくまで給与所得者の場合)
 を記載しましょう。

こうしたことを注意して書いてくださいね。


はぁ〜〜〜ダッシュ(走り出すさま)
長ーい。よね。。
どなたかのお役に立っていると嬉しいのですが。



  モバQ


実は、このシリーズ1月にも続きがあるんですよ!
年末調整関係の仕事が最終的に終わるのは、1月下旬になるのです。

posted by みかん at 22:24| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 人事総務のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京都の忘年会ではお世話になりました〜。
年調のお話大変参考になります!ポイントになるところや具体的な計算方法をわかりやすく説明されているので、年調が初めての私にとっては、涙ものです。無理のない程度に更新して下さいね。ありがとうございます。
Posted by あかあか at 2006年12月18日 00:16
☆あかあかさま

こんばんは!
書き込みをありがとうございます☆
京都の忘年会では、こちらこそお世話になりました!
なんだか、一方的にしゃべり倒してしまったかもと
ちょっと反省もあったり。。。
ああいう場にいくと、舞い上がってしまうのです。
失礼がありましたら、すみません。

年末調整は、ご参考にしていただけていたら
本当にうれしく思います。
更新、基本的に気分次第でやってますので、
不定期でごめんなさーい。

これからも、どうぞよろしくお願いします。

Posted by みかん at 2006年12月18日 23:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29765065
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。