2006年11月11日

社会保険労務士試験、合格後のおはなし。

やっと、週末がやってきました。
昨日は、社会保険労務士試験の合格発表でしたね。

合格された方、おめでとうございますかわいい
本当によかったですね〜ハートたち(複数ハート) わーい(嬉しい顔) ハートたち(複数ハート)

残念な結果だった方、、
悔しさで内臓がよじれそうな辛い思いをされているかもしれません。
少しだけ休憩をして、もう一度、ご自身のモチベーションについて気持ちを整理して、
また来年に向けてスタートを切ってください。
決して諦めることはありません。ほんとに!がんばって!!



合格後、私は翌年の2月下旬に勤務社労士として登録をしました。
しかし、それまでの間、これからどのようなポジションでやっていこうか
やはり考えました。
まぁ、考えたといっても、最終的にはいつも堂々巡りで、
同じことをぐるぐると迷い、結論を出せずにいたという感じです。

今年合格された方も、もしかしたら私と同じように
迷われる方がおられるかもしれません。
合格後1年間、私の経験の範囲ですが、
私が合格当時知りたかったことなど書いてみたいと思います。
ご参考になれば、幸いです。


   車(セダン)
@登録して、何か変わったか!?

変わりました!
登録するには、諸経費が結構かかります。
でも、登録しなければ、何も変わりません。
(と言ったら、うそかなぁ。。登録しないスタイルを貫いて、社会保険労務士法に
抵触しない範囲の業務(受験生のための教材作成の仕事など)をしている方も
おられるみたいです。)

登録をして、社労士会の研修会や懇親会などに参加して、
その地域の社労士さんの様子を拝見すると、本当に視野が広まります。
若い女性で開業されている方なども、わりとおられますよ。
細かい仕事のお話はまだなかなか伺うことはできませんが、
しかし、自分自身のこれからを考える上で、その畑を知ることは大切です。
社労士会の集まりに参加すると、
資格を取得して登録するということは、
本格的にその法律のエキスパートの人たちの中で、
仕事をしていくということなのだなぁということを実感します。
また、ここでネットワークを作ることが、将来の自分に
きっと繋がっていくのではないかと感じています。


A「勤務登録」にするか、それとも「その他」登録にするか!?

社労士会の登録には、3つの種別があります。
1.開業
2.非開業。
  2-1.勤務登録(勤務先の会社を届け出る)
  2-2.その他登録(自宅を届け出る)


私は、会社に勤務していて、総務部で社労士業務にも関係のある仕事をしていますので、
2-1.非開業の勤務登録は最も自然な流れでしたが、
しかし、会社に少し不満もあったことから、資格取得後は今より条件がよく、
もっと社労士業務に専念できる勤務先に転職したいという気持ちもありました。
ですから、開業するには無理があるので除外としても、
「その他」の登録にしようかとも考えたのですが、
でも結果的には、「転職」よりも「登録」を優先することに決めました。
それは、今の仕事をもう少し質を高めて、
経験したことをもっと専門的にやっていけるようになろうと思ったからです。
またそれに加え、資格取得を喜んでくれる上司がいて、
起用して下さろうとする気持ちを感じたからです。
私の場合の決め手は、そんな感じでした。
(起用、と言っても何人も社員がいる総務部において、
私はやはりひとりの担当者に過ぎないのですけれどもね。)


B登録の費用について

これは、気になりますよね。
でも、これからの“道”を作っていくための必要な費用ですから、
贅沢品と天秤にかけるのはちょっと違うかなと思います。
金額は、社労士会連合会、都道府県の社労士会等で確認してください。
ざっと、連合会、都道府県の社労士会、支部、それぞれへの入会費用、
そして年会費、それから、社会保険労務士の政治連盟への入会もあります。
政治連盟は、社労士の地位確保等のために政治的な活動をするところだと思います。
連盟が動いてくださって、社労士法が法改正になったり、
他の士業や法人・団体が社労士業務をすることを防いだり、
社労士会から挙がった法改正要望の声などを国会議員などに上申してくれるのですね。

勤務社労士の方は、「会社が負担してくれるのか!?」
これが大きなテーマですね。
負担してくれるところもあるようです。しかし、私は自分で払っています。
今のところ、資格手当てもありません。(涙、ソウナンデス・・)
登録する時、払ってくれるようお願いしようかとも思いましたが、
しかし、私は特別な実績を挙げているわけではないので、言いませんでした。(コレ、本音。)
これからも、気持ちよくその職場で働いていくための自分のポジションは、
自分からどのようなPRをするかで変わっていくと思います。
どのようなパフォーマンスをするか、それは個人で違うと思います。
私は、登録料や年会費等諸経費は、自分で払うけれど、
その代わり自分が関与していない仕事については社労士の印は押さない
というスタンスでやっています。
また、上司には、
「私は、登録している社労士である」ということは、PRしてます。
そして、仕事でもそれがもっといかせなければならないと思って
やっているところです。


C社労士の次の資格は!?

社労士の資格でやっていけるかどうかというと、
やっていけるのではないでしょうか。
実際、多くの先生方がそれでやっておられるのですから。
ただ、社労士の他にも資格を持っておられる方はやはり多いです。
主要なところで、(名刺でよく見る)
 ・行政書士
 ・ファイナンシャル・プランナー
 ・キャリアコンサルタント

それから、
 ・年金アドバイザー
 ・DCプランナー
などは、役に立つのではないかと思います。
あとは、
 ・中小企業診断士
 ・税理士
で、社労士の資格をお持ちの方もおられるようです。
行政書士の資格をお持ちの社労士先生に、実際どちらの仕事が多いか聞いてみましたら、
その方はほとんどは社労士で、行政書士の仕事はほとんどしてないとのことでしたが、
しかし、「名刺に書ける」ということで、
お客様への信頼や、ご自身でお仕事をなさる場面でも、
民法の知識があるほうが視野が広がって大きな目で案件を見ることができるそうです。


D最後に

私からのメッセージとしては、、
合格したのでしたら、やはり登録されることをおすすめします。
しかし、やはり皆さんそれぞれに状況が異なりますから、絶対と言うことはできません。
現在、失業中の方、産休や育休中あるいは専業主婦で出産前後の方、
育児に専念されている方、社労士業務とは関連のない業務をしておられる会社員の方、、
すぐに社労士業務ができない状況の方は多くおられると思います。
しかし、決して焦らないでください。
どんな状況であれ、勉強にならないものはないのであって、
皆さんの状況の中で、今のその生活の中で、
学んだ知識を活かしてみることをまずは考えてみてください。
それは、稼ぎに直接すぐに結びつくものではありませんが、
どんな経験も必ず活きてきます。


合格しました皆さんのさらなるご発展を、
心よりお祈りしております。



  るんるん るんるん るんるん
posted by みかん at 23:48| 兵庫 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京都も寒くなってきました。

1年が過ぎたのですね。
みかんさんのブログ
毎回楽しみにしています。
合格はゴールではなく、スタート地点に立つことができた、ということだともいます。
そしてスタートをするのかどうかも含めてこれからは、自分自身で決めていかなくてはなりません。
みかんの文書たくさんの人に読んで欲しいな。
Posted by 平等院 at 2006年11月12日 16:20
☆平等院さま

コメントをありがとうございます。

京都も、寒いですか。
今日は家におりましたが、寒くてガウンを羽織っていました。
それでも鼻がちょっと。。

>合格はゴールではなく、スタート地点に立つことができた、ということだともいます。
>そしてスタートをするのかどうかも含めてこれからは、自分自身で決めていかなくてはなりません。

ほんとうに、仰る通りですよね。
そのことを最近身にしみて感じます。
試験合格のためにやることはある程度決まっているけれど、
これからは、何も決まっていない。
何をどんなやり方でやっても、
「正解」「不正解」と呼べるものはないように思います。

どんな社労士になるか、を追究していくと、
自分は何をもって幸せとするのかといった問いに行き着きます。

このブログが、どなたかのお役に立てると嬉しいです♪♪

Posted by みかん at 2006年11月12日 19:37

>どんな社労士になるか、を追究していくと、
自分は何をもって幸せとするのかといった問いに行き着きます

そうだよね。。。
わたしの場合、「その他」で登録することに
かなり迷いがありました(今も多少あります)。
なんだか、登録することの意味が自分の気持ち
しかなく、だったら登録しないスタンスでも
同じなんじゃないか。。と

でも、自分がどんな風になりたいかに
いいも悪いもないですよね。
うん、そうだよね。
ありがとね、みかんちゃん。


Posted by はな at 2006年11月12日 21:49
ご無沙汰しております。
合格オメデトウございます。
あっ違った。合格1周年オメデトウございます。

とても参考になる記事だと思いましたので、
無断で紹介させていただきました。
でも今言ったから無断じゃなくなりましたね(笑)
Posted by くりまるパパ at 2006年11月13日 18:12
☆おはなちゃん

コメントをありがとうございます♪♪
うーん、確かに!迷いはありますよねー。

自分にある選択権、有効に使いたいとは思うのですが、
その時の自分の中に流れている「流れ」「巡りあわせ」
これを感じ取って従うことって
結構大切かなと思ったりします。

私は、それにのってしまったというのもあるかも〜!
あは!

Posted by みかん at 2006年11月14日 01:54
☆くりまるパパさま

ご無沙汰しております。
コメントをありがとうございます☆

くりまるパパさんのブログも拝見しましたよ〜!
ちょっとオハズカシイ(〃▽〃)

でも、参考になるといっていただけることは
とても嬉しいです。

くりまるパパさんの
「合格後迷場面集」もとっても参考になります♪

でも、「迷」場面集って!
そんなことない!
名場面ですよーっ!!


Posted by みかん at 2006年11月14日 02:01
>「正解」「不正解」と呼べるものはないように

おはようございます。
くりっパさん・無料紹介所から、飛んできました。
正解・不正解はない・・・。
この数日、正解を必死に探そうとしていました。。。
自分の選んだ道が正解だって、教えて頂きました。ありがとうございました。
Posted by 涼子 at 2006年11月14日 08:06
☆涼子さま

はじめまして。
ご覧いただきまして、ありがとうございます。

そうですねえ、私は今現在も、
日々いろいろ考えたり迷ったりしますが、
ただ、いろんな社労士さんにお会いすると、
少なくとも正解・不正解と呼べるものはないのかなということに
気づいたというただそれだけなのですよ。

自分にとっての有意義でわくわくする「道」を
もっとはっきりと見えるようになりたいものです。


Posted by みかん at 2006年11月15日 00:20
こっちも書きます。

未だ未登録。

ぜいたく品とは違う。
そうですよねぇーー。

お金なのか時間なのか
実は理由は割とどちらでもなく、
モラトリアムな感じだけど
未登録です。

もう少し余裕ができたら登録も
したいなぁーと思いますが、
これも正解不正解はないかなと。

あせらずいきますw


Posted by 京 at 2006年11月16日 23:13
☆京さん

コメント、ありがとう!!

未登録、
それはそれで、オッケーだと思いますよー。
京さんのように前向きな方だったらなおさら!
今は会社の仕事が忙しそうだし、
そちらを最優先で、がんばって〜

また、いろいろ教えてくださいね♪
時間をつくって、煮詰まった話をしましょう!!


Posted by みかん at 2006年11月18日 00:01
はじめまして。
私は平成22年社労士試験合格者です。
登録の必要性があまり分からず、登録せずに某会社の総務部へ就職しました。
(現在は退職し就職活動中ですが・・・)

登録について調べていたところ、偶然この記事を発見し、内容を拝見させていただきました。非常に参考になりました。費用的にはきつくなってきますが、やはり登録して色々な社労士の先生方とも接して視野を広げないと、苦労して取得した社労士の資格も宝の持ち腐れになってしまいますよね。頑張ります。ありがとうございました^^

Posted by のっち at 2012年07月08日 00:07
☆のっちさま

こんにちは!
実は、このブログ長らくずっと更新しておりませんでしたが、
今日ふと見たところ、コメントを頂いていることに気付き、
遅ればせながら返信させて頂きます。

本文を書いた頃からだいぶ日がたち、私も当時と違う考え方もあることを
今は認識しています。
ただし、登録し、登録するだけではなく会合に出る、勉強会に参加して、
いろいろな先生方のお話を聴く中で
初めて社労士の世界が見えてくるのかなと思っています。

会社勤めをずっと続けられるのであればあまり関係ないと思います。
会社員とはちがうステークホルダも自分にはあるんだと思えると思います。

宝の持ち腐れにならないようにするには、自ら勉強するしかありません。
登録するだけではだめですね。
しかし、登録して、世界(人間関係)を広げることで、
自ら勉強する体制づくり、きっかけ作りはできるのではないかと思います。

のっちさんのご活躍を心よりお祈りしています。

Posted by みかん at 2012年11月11日 19:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27276975
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。