,勤務社労士みかんのブログです。社労士のこと、人事労務の仕事のことなどなど語っています。どうぞお楽しみください☆☆☆" />

2006年08月09日

ラフマニノフのピアノコンチェルト三日月

平日に、趣味のお話をするのは、
このブログではちょっと珍しいことなのですが。

昨日、台風が近づいてきて、、
風が強くなって、ちょっと涼しく。。
ややもすると、秋に近づいてる!?
という“錯覚”に陥り、、、
(ハイ、紛れもなく錯覚でございます)
とはいえ、お盆が近づいているということもあって、、
だって、お盆が明けたらもう
「残暑お見舞い申し上げます」ですからねぇ。

夏が過ぎようとしつつあることを感じると、、、
秋の入り口に差し掛かりつつあることを感じると、、、
なんともいえなく聴きたくなる曲がある。


RACHMANINOV

Piano Concero No.3
in D minor,Op.30


ラフマニノフの、ピアノコンチェルトニ短調作品30、です ムード

ちなみに私が聴いているCDは、、、
小川典子さんの1997年の録音のものです。


とても、重くて派手でドラマチックで、、
うーんロシア〜なクラシック音楽(←私の偏見)

そんな、この曲が聴きたくなる。
私、秋が大好きなのですが、
大好きな季節がやってくることの喜びみたいな
そんな味わいがあるのかもしれません。
聴いているとね、、
今年もまたこの季節がやってきた、という気持ちで、
ドキドキするのですよ。ハァ。。ムード
(一人で舞い上がってて、ちょっと気持ち悪いカモ。。スミマセン)

2楽章の最後の数小節から3楽章にかけての部分が
頭を巡って仕方ないのです。。。

ということで、
秋口には、ラフマニノフのピアノコンチェルトを聴くみかんです。

ちなみに、、、
実は、昨日書いた京都の9月のお勉強会と大切なコンサートが重なって、
今、泣いていますもうやだ〜(悲しい顔)


大阪フィルハーモニー交響楽団演奏会 神戸特別演奏会
指揮/ 大植英次
(大植さんの指揮いちど見たかったの!!バイロイトで振って以来、
 ミーハーな私の中では、ヒーローです。でも、何はともあれいちど
 拝見してみなければね!)
ピアノ/ 清水和音
(しみずかずねさん。こちらも超有名な日本のピアニスト。
 結構毒舌で面白い人です。喋りは別か。。。)

曲目がまた聴きたいものなの!(↓)
モーツァルト/ 歌劇「魔笛」序曲 K.620
ラフマニノフ/ ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 op.18
チャイコフスキー/ 交響曲 第4番 ヘ短調 op.36

ん〜濃厚です♪
(〃▽〃)キャー♪

一体どうしたらいいのか。。。もうやだ〜(悲しい顔)
今更。。。


ちなみに、ピアニスト小川典子さんのHPを見つけました!
http://www.norikoogawa.com/

すごいね。。。




 三日月 ぴかぴか(新しい)
posted by みかん at 00:31| 兵庫 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハロー、みかんちゃん。
毎日暑いけど、お元気?
ラフマニノフ、いいわよねえ。華麗にドラマチックで!
私は、秋から冬にかけて(これもちょっと気が早いけど)聞きたいのは、メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲よ!!バイオリンの独奏の部分がなんとも重厚で甘く、ロマンチックよー!北風の吹く、寒ーい日、あったかくした部屋で聴きたい曲、デス。
Posted by akko at 2006年08月10日 22:28
☆akkoちゃん

コメントありがとうね〜!
メンデルスゾーンのバイオリン協奏曲、どんなんだろう。
その曲はちょっと知らないかもだけど、
彼の曲は、温かい感じがしていいなぁと思うわ。
じゃ、北風の吹く頃になったら、部屋に閉じこもって、
一緒に聴きましょう♪


Posted by みかん at 2006年08月10日 22:42
クラッシック音楽には、とても疎い私・・・。
みかんちゃんが書いているのを読むと、とても聞きたくなってきました。
でも、何から聴けばいいのか・・・これも問題。何を聴いたらいいかわからない。
いや、みかんちゃんがオススメするのを聴けばいいのだ〜!
というわけで、ちょっとずつCDを聴いてみようと思います。
ブログを楽しみにしていると同時に、日本に帰ったら、オススメクラシック情報、お願いしますね!
Posted by ヌーヴェル・ヌーヴェル at 2006年08月11日 04:56
今日恩師と食事していたら、同門の後輩たちが
ラフマニノフのピアコン1〜4番を外国で演奏するそう!すごい企画だわ♪
良い曲ね〜〜
Posted by akkopian at 2006年08月11日 19:26
☆ヌーちゃん

クラシック音楽に疎いと言いつつ、、
ピアノすごく上手だよね!知ってるよ〜(^^)
何から聴けばいいか!??
うーむ、私はミーハーだからねぇ。。。(☆_☆)

その時の気分によって、
曲や演奏の印象って、全然違うと思うわ〜!!

また日本に帰ったら、そちらのCDも聴きたいし、
私もCDかけるし、一緒に聴きたいね!!
楽しみにしてます☆☆☆


Posted by みかん at 2006年08月12日 00:44
☆akkopian

ひぇ〜〜!!
1〜4番をすべて弾くの!??

・・・スゴーイ。。。
その、スタミナ。

とってもエネルギッシュな企画だね!
私みたいな「聴きたい人」がいるのね、きっと。
聴く方は、そりゃあワクワクして楽しみだけど、
企画する側は大変そう。
オケは1〜4すべて同じなの!?

観たいなぁ〜!!
聴きたいなぁ〜!!!

興味深い情報ありがとう☆


Posted by みかん at 2006年08月12日 00:51
ひとり、一曲ね。
でも弾くのが中学生、高校生。すごいよね〜今時の小中高生。
Posted by akkopian at 2006年08月12日 12:27
☆akkopian

はい、いちよう心得てるつもりぃ。
でも、、大変よね。
オケも主催者も聴く方も。

にしても、、中高生!うーん。。
ふと、ニコライ・トカレフ君を思い出したよ。
彼ももう“少年”ではないのかな。
「子どもに何がわかるっ!?」
て言う人居そう。
わたしもちょっとだけ思ってしまったけれど、、
でもそこで思い出した。庄司紗矢香ちゃんのこと。
彼女は、自分が演奏するあらゆる曲に取り組むためにも、
(それだけのためじゃないと思うけど)
いろんな小説、文学を読みこんでイマジネーションを豊かにするのだと
言っていました。

さあ、彼らの演奏、どんな風になるのかしらね。
グッド・ラック☆


Posted by みかん at 2006年08月12日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22111835
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。