,勤務社労士みかんのブログです。社労士のこと、人事労務の仕事のことなどなど語っています。どうぞお楽しみください☆☆☆" />

2006年03月21日

プーシキン美術館展 アート

春分の日゚・*:.。. .。.:*・゜
皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか。
阪神方面は、曇のち晴の穏やかな日でした。


最近は、源泉所得税の関係の記事を連続で載せていたのですが、
どうも説明がスッキリシンプルに短くまとまらず、
ぐずぐずと考え中です。。。モバQ

扶養控除の解説の山に入る前に、
気分転換といってはなんでございますが、
今日はARTカテゴリー
お楽しみいただこうと思いますぴかぴか(新しい)


プーシキン美術館展 〜シチューキン・モロゾフ コレクション
  国立国際美術館
  4月2日(日)まで(地下鉄四つ橋線 肥後橋 下車)
  http://www.nmao.go.jp/japanese/home.html#


プーシキン(PUSHKIN)・・・聞いたことのない美術館でしたが、、
私はこの展覧会の案内を見て「絶対行く!」と思いました。

ちらしには一目見て判る、、ルノワール、ピカソ、ドガ、、の絵画たち。
しかし、「なぜ、ロシア系なのか?」
ロシア系の名称の美術館に、いかにもフランス絵画。
 「?」
だから、そそられる。


展示は、印象派のルノワール、ドガなどのフランスの情景から始まり、
少しずつ年代を追って、19世紀後半から20世紀初頭ピカソのキュビズムまでの
本当に盛りだくさんの、近代絵画の最も濃厚な一場を垣間見ました。


このコレクションは、セルゲイ・シチューキンとイワン・モロゾフという
2人の実業家によって、収集されたもの。
その充実された内容に敬服すると同時に、
コレクションの系譜や、収集にまつわるストーリーなども気になりました。
(そこまでは、展覧会ではわからなかった。。)
(ロシアにもこんなコレクターがおられて、また大切に保存されてきたのですね☆)


【みかんの気になった作品★ダイジェスト】

ルノワール、、『ムーラン・ド・ギャレットの庭で』などなど、、
 彼の絵は、「ハレ」の絵だと思った。(ハレとケのハレ)
 「日常」というより、友人が集まった晴れやかな情景や、
 またそうした場におかれた華やかな花、着飾った婦人など。
 ふと「ハレ」という言葉が浮かんだー。


モネ積みわら
 またまた、お会いしましたね。お久しぶり!てな感じで。。
 あまりにいろんなところで遭遇するので(もちろん教科書にも!)
 「いったいどれだけの『積みわら』をモネは描いたのだろう??」
 という疑問が、思わず口から出てしまいました。
 いつも思う、あの影になった部分のわらの色が、いい。
 赤、青、緑、いろんな色が影を作っていて、幾重ものわらを表現している。


マティス金魚
 この絵は、ちらしにも載ってマス。色彩がポップな明るさで、
 いかにもマティスの感じが出ているように感じました。
 なんとも愛らしくいきいきとした印象で、
 実物を観る前からとても楽しみでした!
 (コチラ↓ マティスのたたりに遭いそうですが一部カット)

 matisse_goldfish.JPG 


★それから、以前からちょっと不気味に感じていたのですが、、
 ロートレックの描く婦人の
 道化師のような気違い地味た顔、目。
 なにか意味があるのかしら。ちょっと気になった。
 あれは、どういう表情なのですか?
 

ゴーギャンの木版画。
 『彼女は死霊について考える』というシリーズ。
 ゴーギャンの絵画には、いつもとても重いものを感じます。
 あの鮮やかで深い色彩。(濃い青の枝に赤肌など)
 宗教的というか、人間の原始的なものが生み出した神話の声を
 浮き立たせるような、そんな風にみかんは感じます。
 木版画の質感と、版画という狭い限られた空間が、
 ゴーギャンそのものを凝縮していました。


他にも、気になった鱗片鱗片が沢山あるのですが。。。

とにかく、皆さんにもぜひご覧頂きたいです。
お薦めします♪
とても内容豊かな素晴らしい展覧会でしたよ☆☆☆



end

posted by みかん at 22:35| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁお!アートネタいいね。

最近、こちらでは面白そうな展覧会が多いです。

でも、なぜ??!なぜ、美術館がこんなにあるのに、
足が遠のいているのか…。

「天気が良くなったら…」ということを
理由に(単なる言い訳)しておこうっと。

でも、最近はねぇ、ちょっとテストとかで参ってるのです。ハァ〜(ため息)。
Posted by ヌーヴェル・ヌーヴェル at 2006年03月23日 03:23
みかんちゃん、プーシキン美術館展すごく興味深い内容ですね!絶対行きたい!
早速ダーリンとデートの約束しちゃいます♪
教えてくれてありがとう☆





Posted by えいたん at 2006年03月23日 17:45
★ヌーちゃん

私も腰が重くて、、
今年お初の美術館でした。。。
そちら(仏)は所蔵が豊富な上に、
企画展となると!どんな感じになるのかな!?
羨望の眼差し。。

スト&テスト、、精神的に落ち着かないんじゃない?
でも、がんばってね☆ 応援してるよ!!

日が長くなってきて、景色は明るくなったかな?


Posted by みかん at 2006年03月23日 22:03
★えいたんさま

デートにもお薦めです(* ^ー゚)ノ
いいなぁ〜。。。
心に響く作品が、きっと見つかると思います!

大阪駅から歩いてでも行けます10分くらいでしたよ。
(実は歩いて行った!)

えいたんさんともまた絵を観たりしたいニャ☆


Posted by みかん at 2006年03月23日 22:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。