2008年11月17日

産業カウンセラー養成講座を修了しました!

またまた、お久しぶりのブログ投稿です。
最近、書くたびに「お久しぶり」になっています。
忙しく、慌しく、仕事だけではなくいろんなことが、
なんだか渦の中心に吸い込まれていくかのように展開している・・・
そんな感覚を覚えます。
それはそれで、面白いこともあるのですが。

状況は、仕事だけでなく、プライベートも、
自分がどんな種を撒くか、誰に逢って、どんな出来事を体験し、
それらをどう受けとめるか、
毎日の事々が、人生を方向付けていくような気がします。
ふと気付くと、あの出会いからこんなことが導き出された
そんなことがあります。
それが、予期できないからこそ、ワクワクするし、
一生懸命になれるのではないかと思います。


さて。

春から通い続けた 産業カウンセラー の養成講座が、
1週間前にようやく修了しました。

あ〜、終わったんだなぁ・・(ホッ)
→いえいえ、あくまで「カリキュラムが!」ですが。

全22回のこの講座は、
2日以上欠席すると、修了できないこともあり、
最後の日の朝には、本当にホッとしました。

通うだけで心も身体もへとへとに疲れることもありました。
また、カリキュラムが終わったところで、
私は「カウンセラー」と名乗れるはずもなく技量不足で、
これからもまずは試験までは実技指導を受ける予定です。


講座が始まった当初は、このブログでもなにか情報提供を
できたらいいかなと思っていたのですが、
予想以上に非常に難しく、自分のことだけで精一杯で、
それどころではありませんでした。

まずは、自己受容できるまでに、
(というか、そういうことが必要だと実感し、認識するまでに)
全期間の3分の2くらいの時間を費やしてしまったような気がします。
また、カウンセリングの難しさは常に感じています。
傾聴すること、指示的にならず、相手の感情に寄り添い係わる。
そして、それを相手に言葉でフィードバックする、
難しいのはここなんですよね。
言葉、タイミング、それらの訓練、
あるいはいろんな物事を感じ、しっかり反応できる訓練、
そういう素質が求められます。
感性の問題もあるのでしょう。
なかなかそうしたものを磨くには、特効薬がなく、
ひたすら修行なのかもしれません。
すぐに手ごたえがえられず、悩ましかったし、今も悩ましいです。

産業カウンセラーの養成講座は、概してそのような時代でした。
―私にとっては、一つの大きな時代だったような気がします。
今も続いていますけれども―


なかなか前に進まない私ですが、
しかし最近自分で少し成果を感じることがありました。
日常生活の中で人と接するとき、
私達はいろいろな人々のいろいろな状況に出会うわけですが、
そんな中で、ある人に接していて

あ、私はこの人の今のこの気持ちこそ、
傾聴の姿勢で聴いてあげないといけないんだな!


とピンと感じることがでてきました。
傾聴の姿勢でカウンセラーが聴くように聴く方法は、
日常生活の中では、必ずしもいつも有効であるとは限りません。
場面場面に応じた接し方があると思うのですが、
ふと、

ここだ!ここで今、この人に係わるんだ。
気持ちを聴くんだ!


という信号が走ることがあるのです。
かといって、
上手に接することができているかと言うと、
それはまた別の問題なのですが。


しかし、そうした瞬間を経験して感じるのは、
カウンセリング そのものが世間にもっと広まって認識を得て、
もっと多くの方が有効に、手軽に活用できればいいのに!
ということです。

もっと、多くの人にカウンセリングのことを知っていただきたいです。
そんなことを思ったり考えたりしている今日この頃です。


 クリスマス


平成20年度の社労士試験の結果発表も既に執り行われたようですね。
特定社労士の試験日は、もうそろそろでしょうか。
他方、産業カウンセラーの初級試験は、今日から願書受付です。

仲間達の輪が広がっていくのは、
非常に心強く、深い楽しさが実感でき、
そして常に刺激を受けるものですね。

とはいえ、一番肝心なのは、
自分と向き合い、
そして今目の前の仕事ときちんと向き合うこと
であるように感じています。

あー、明日からまた頑張ろう〜




夜

posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | CHALLENGING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 受講、お疲れでした。

 僕も詳しい内容までは分からんけど、とにかく大変だったようですな。

 ウチの会社にも仕事のことでちょっと精神的にまいっている人がおるんだけど(服薬しているとのこと)。そういうことで相談にのれる人がおらんのが現状で、また根本的な解決をしようと思えばかなりの労力を必要とするので、僕では手におえんな〜、とはずかしながら、あきらめモードでございます。(まあ、若手の飲み会で発散しとるようだけど)

 最近かくいう僕自身、業務でけっこう精神的にまいっております。会社の中で聞いてもらえる人もおらんし、こまったもんだわ。


 みかんさんがこの講座で学んだことが活かしていけることを願っております。

 
Posted by こむ at 2008年11月23日 19:56
こむさん、いつもコメントをありがとうございます。
ご勤務先に、精神的に参っている方がおられるんですね。
私の勤務先にもおられますが、
仕事の場面となると、勝手なことはできないのが
歯痒いところですが・・
しかし、何といってもまずは声掛けすることが
第一歩ではないかと思います。
一般的に、「頑張れ」とは絶対に言ってはならないと
よく言われていますが、
「おはよー!」から始まって
「最近どう?」てな感じで、空気を抜いてもらったり
できたらいいですよね。

あるいは、仕事などがしんどくて煮詰まっていても、
冗談を飛ばして、思わずがははと笑えたら、
気分転換になることを感じることがあります。
かなりすっきりしますよ。

こむさんも、精神的に参っておられるんですね。
疲れてしまった感じですか?辛いですねえ。
どんなときにそうお感じになるのでしょうか。
Posted by みかん at 2008年11月23日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。