2008年06月21日

オペラ・ファン♪

オペラ・ファンです。
オペラとひと言でいってもいろいろありますが、
私が好きなのは、
ロッシーニとか、モーツァルトとかの・・
そんなに大きくなくグロテスクでない、
フィガロの結婚とか、シンデレラなんかはかなり好きです。
でも、たまにはヴェルディのドロッとしたものもいいのだけれど・・バー


先週、シンデレラを観に行ってきました。

La Cenerentola

Gioachino Rossini

*シンデレラ、イタリア語ではチェネレントラという。


すっごく、楽しかったー!
トキメキました。
そう、時めいてそして好きなんだなーと実感しました。ワクワクるんるん
そして、今回はそうだそうだブログにも書いておこうと思ってPCに向かっています。


オペラの魅力ぴかぴか(新しい)

オペラの魅力って、なんでしょう。
それは実際に体験して初めて実感するものではないかと思いますが、
あえて言うなら、やはりいくつかの語るべきポイントがあるように思います。

あくまで、私が思うことですが、

オペラは結局のところ、
歌だけでもなければ、演劇だけでもない。
ミュージカルと違うのは、その古典的な文化色や音楽性の高さ、
歴史の深さに、滲み出るものがあるところじゃないかなあ。
ミュージカルとは、全く比べることができません。
流れているものが全く違うのだと私自身は感じています。

具体的に言うと、
ほら、オペラで全く立場の違う二人ないし三人が二重唱、三重唱を
歌う場面がありますでしょう?
片やシメシメと思っている、片やどうしよう死んでしまいそうと思っている、
もう片やその状況を見て心配している・・・
それを、それぞれ異なる歌詞で異なる音程で歌い、はもり、
演じて、劇に山を造るんですよね。
そうした舞台は、やはりオペラ独特のもので、
なんとも言葉には言い表せない魅力があるのです。

オペラの音楽性の高さはもちろん素晴らしいものがありますが、
しかし面白いオペラ、見ごたえのある満足感のあるオペラというのは
やはりなんといっても、
歌手が役になりきって、いかにキャラクターを演じきったかexclamation&question
これに尽きると言えます。

となると、
オペラでその夜の実質的なヒーローあるいはヒロインになるのは
必ずしもタイトルロールに限らないわけで、
その辺も見所ぴかぴか(新しい) となるわけです。
これが、ん〜たまらんのです・・・ ふらふら


今回のチェネレントラで言うと、
私が一番素敵だと思ったのは、王子の召使ダンディーニ。
すごくよかったー!
のびのびとよく演じていたし、歌もすっごくよかったハートたち(複数ハート)
一幕の最後からニ幕の前半が私はとっても好きです。

王子がね、ちょっと残念だった、なぜか硬い感じがしました。
歌ののびが悪く、硬い感じになると観客としては実に
もどかしく心地悪い感じがします。
歌手にもコンディションというものがあるのでしょうけれども。。
オペラで王子役、姫役というのは、
キャラクターが美しすぎて返って面白みに欠け、難しい部分もあります。
例えば、チェネレントラだと、
最後の部分は、王子と結婚し、
幸せになって今まで意地悪だった養父と姉達を許すことを
ソロで歌い上げるのですが、その退屈なこと退屈なこと。
あそこは私にとっては別に要らない。もう観なくてもいいんです。。
だって、美しい者が美しい歌を美しく歌うほど詰らないものはありませんもの。
(スミマセン、悪しからずご容赦下さい。)

ちなみに、チェネレントラで私が一番好きなのは、
第一幕の最後の合唱です。
舞台的にはとても演出が難しそうな場面で目立ちませんが、
歌詞がこのオペラの全てを象徴しているようで、とてもドキドキします。


   足

それにしても、オペラというものを拝見していて思うのは、
純愛や貞節、正義、みたいなものがテーマになっていることが多く、
それゆえにドロっとしていても、最後にはどこかホッとさせられるのですが(悲劇であっても)、
しかしそれと同時に、道徳的なものをテーマにしなければならない背景には、
王室にそれらが欠如していたということなのかなーと、
時々そんな勝手な悲しい想像をしてしまいます。
本当はどうなのでしょうね、知らないけれど。

今年は縁あって、リゴレット、トゥーランドットを観に行きます!
リゴレットは、かなり楽しみ〜!




     
     イベント
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101318138
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。