2010年03月13日

有給休暇 4.基本的な考え方についておさらい

有給休暇について、少しずつお話を進めています。
これまでのことについて、基本的な考え方をおさらいします。


1.法律で付与が保障されています

有給休暇は、短時間勤務の雇用形態でない限り、
6ヶ月間継続勤務して勤務日の8割以上出勤した場合には、
どなたにも付与されます。
短時間の場合は勤務時間に応じて有給休暇の日数が決まります。
計算方法も法の定めがあります。

目 ときどき、「うちの会社、有給休暇がないんです」という方がおられますが、
それは残念ながら使用者の認識が誤っていることになります。
まずは、総務や人事の担当者や上司に相談してみて、
取得できるよう円満かつ前向きに話を進めてみましょう!

⇒労基署に訴えるだけが手段じゃないと私は思いますよ。



2.有給休暇は、使用者(上司)の承認を持って初めて発生するものではない

本来、有給休暇はご本人の勤続年数と出勤率(有給休暇付与日前の1年間をみます)によって
付与日数が決まっているので、付与自体に関して上司の承認は必要ありません。
いいかえると、承認されて初めて有給休暇が発生するわけではありません。

それでは、労働者はいつでも好きな時に有休をとれるのでしょうか?



続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☁| 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。