2010年03月10日

有給休暇 3.有給休暇 取得の権利、付与の義務

前回も長らくあいてしまいましたが、
今回も本当に長い時間があいてしまいました。

でも、続きをご覧いただきたいと思います。


有給休暇についてのお話をしていました。

今日の話題は、労働者が有給休暇を取得する権利と、
使用者が有給休暇を付与する義務についてです。


有給休暇を取得する権利は、

@労働者が請求して、使用者が承認して初めて発生するものなのか、
A労働者が請求しさえすれば発生するものなのか、
それとも、
B請求せずともすでに権利は存在するものなのか、
C有休取得時の請求とは、有休を取得する時季を指定することをさす
 のであって、請求せずとも権利は存在するものなのか。

考え方は諸説ありますが、
現在のところでは、

○法律上当然に有給休暇の権利を取得し、使用者はこれを与える義務を負うこととなっており、

○「請求」とは休暇の時季の「指定」に他ならないことと解されているようです。

また、

●労働者の時季の「指定」があれば、使用者の時季変更が無い限り、
有給休暇は成立することとなります。

よって、

●使用者の「承認」は不要であることとなります。

●時季変更権は、労働者の時季の「指定」により有給休暇を当然に取得されることを解除する条件として発生することとなります。



このように書くと、
いつも好き勝手に休めそうな気がしますね。
現実はそう甘くないのですが。。

また、使用者は労働者が守られたこの考え方になかなかついていけないかも
しれません。

しかし、そここそが会社の考えどころであるようにも思います。

この法律をうまく利用して、
☆労働者にはすっきりリフレッシュするチャンスを与え
☆しかし、業務には支障を来さないよう計画をたてさせ、
☆そうした会社の方針について、労働者によく理解してもらうよう教育を行う。


労働基準法は、しっかり守るだけで、

★福利厚生の増大
★会社への信頼度アップ
★社会的信頼度アップ

が狙えると思います。

あとの運用方法をしっかり根付かせるのは教育次第ですよね。


この有給休暇の取得の権利については、
とりわけ、退職の時などはもめることが多いのではないかと推測します。


有給休暇を全部消化して退職するのか、
残日数があるけれども不要とするのか、

人によって様々ですが、会社が取得させない!と指示できるものでは
ないということが上記からお分かりいただけるかと思います。

ただし、あとは運用の仕方のように思います。

やっぱり、労使双方がよい関係で仲良く、お互いにwinwinな関係でいれるよう
歩み寄って、話し合い、一歩ずつ進めることが大切ではないかと思えてなりません。



   かわいい かわいい
posted by みかん at 01:53| 兵庫 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。