2008年06月21日

オペラ・ファン♪

オペラ・ファンです。
オペラとひと言でいってもいろいろありますが、
私が好きなのは、
ロッシーニとか、モーツァルトとかの・・
そんなに大きくなくグロテスクでない、
フィガロの結婚とか、シンデレラなんかはかなり好きです。
でも、たまにはヴェルディのドロッとしたものもいいのだけれど・・バー


先週、シンデレラを観に行ってきました。

La Cenerentola

Gioachino Rossini

*シンデレラ、イタリア語ではチェネレントラという。


すっごく、楽しかったー!
トキメキました。
そう、時めいてそして好きなんだなーと実感しました。ワクワクるんるん
そして、今回はそうだそうだブログにも書いておこうと思ってPCに向かっています。


オペラの魅力ぴかぴか(新しい)

オペラの魅力って、なんでしょう。
それは実際に体験して初めて実感するものではないかと思いますが、
あえて言うなら、やはりいくつかの語るべきポイントがあるように思います。

あくまで、私が思うことですが、

オペラは結局のところ、
歌だけでもなければ、演劇だけでもない。
ミュージカルと違うのは、その古典的な文化色や音楽性の高さ、
歴史の深さに、滲み出るものがあるところじゃないかなあ。
ミュージカルとは、全く比べることができません。
流れているものが全く違うのだと私自身は感じています。

具体的に言うと、
ほら、オペラで全く立場の違う二人ないし三人が二重唱、三重唱を
歌う場面がありますでしょう?
片やシメシメと思っている、片やどうしよう死んでしまいそうと思っている、
もう片やその状況を見て心配している・・・
それを、それぞれ異なる歌詞で異なる音程で歌い、はもり、
演じて、劇に山を造るんですよね。
そうした舞台は、やはりオペラ独特のもので、
なんとも言葉には言い表せない魅力があるのです。

オペラの音楽性の高さはもちろん素晴らしいものがありますが、
しかし面白いオペラ、見ごたえのある満足感のあるオペラというのは
やはりなんといっても、
歌手が役になりきって、いかにキャラクターを演じきったかexclamation&question
これに尽きると言えます。

となると、
オペラでその夜の実質的なヒーローあるいはヒロインになるのは
必ずしもタイトルロールに限らないわけで、
その辺も見所ぴかぴか(新しい) となるわけです。
これが、ん〜たまらんのです・・・ ふらふら


今回のチェネレントラで言うと、
続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。