2008年06月12日

入社10年目の・・・

今年、入社10年目を迎えました。
入社以来の転機を迎えています。


今年の新入社員を見ながら、
へぇ!私と9,10歳違うんだなー!!
とびっくりしながらふと気付いたこと、
私が入社したときに人事の教育担当者だった大先輩
― 後に私の前任者となる直の先輩 ― その方も私より9歳年上でした。
ちょうど同じくらいの歳の差なんだなあ。
彼らにとって私はどんな風に映っているのだろうかと、
かつての先輩を思い出しながら思いました。


他方、部署の大先輩方が退職されることとなり、
私には部署の直接“後輩”と呼べる若い社員がやってきました。
31歳にして私は今までずっと一番若い社員だったので、
すごくすごく、嬉しく、また刺激で、
張り切りつつ、
しかし、例によって例の如く、至らぬ部分が多く、
いつになっても優れた人間になれない自分をひきずりながら、
後輩にどんな言葉で「気付き」や「やる気」を出してもらいながら
「仕事」を覚えていってもらえるか、もがいています。
難しいですね。
難しいのは、
・自分のダメなところもあるのにということ
 (これは言い方次第で、いろいろ回避はできるのだけれど、
  やはり後輩の立場にしたら、先輩のくせに・・というのが
  最終的にはでてくるだろう、と意識している・・・ふぅ)

・相手を見ていてどうしても腹が立ちそうなことがあること
 (これは最後まで爆発させずに我慢しなければならないと
  私は考えています。一呼吸おいて、冷静に彼らが受け入れるべき
  言葉を選んで与えるべきなのではないかと思っています。)

そして気付くのは、
私って、結構熱血野郎だということ。
あー、やだやだ。
でも気付かせて下さってありがとうございます、ですね。


そんな私にとって、
今 3大課題 があります。

それは、
続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 就業環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。