2008年06月27日

後輩を前に、気合いが入る・・

若く、瑞々しい頭の後輩が入ってきて1ヶ月半が過ぎました。
仕事をお願いしたりすることがあるのですが、
思っていたよりもエネルギーを使うものだなあと思っています。

今まで自分なりに臨機応変に仕事を進めてきたものを、
社内の様々な事情や経緯など何も知らないまっさらな後輩にお願いするのは
それなりに難しいもので、

何が目的で
いつまでにやることを目指すのか
根拠書類は何か
等々、論理的にちゃんと説明して、
なおかつその作業内容が効率のいいものであることが望まれるとなると
気合いが入ります。

特に、

続きを読む
posted by みかん at 23:59| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 就業環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

ワタシ達の生き残りPJ

女であるワタシ達がこれから社会で安心して(できれば笑顔で)歩んで(仕事して)いくには
どうしたらいいか・・・

私よりうんと若い人たちがどんどん入ってくると、
手持ちの仕事を同じようにやっていたのでは仕事の価値は下がる一方で
おお、頑張ろう、と思うのだけれど、
他方、有能な男性の先輩の背中を見て仕事をするのは
何か違うと感じてしまう。。。なぜだろう!?

飲み会でポロリとこぼれる上司の「やはり結婚しないとね・・」のひと言に知る、
結婚しないとある意味(!?)「人格」「常識」みたいなものが
欠如しているみたいな、、そういう「感覚」の人種だということ。
(大抵はこうだとは思うけれどさ・・)
こうあっては、前途多難やなあと感じざるを得ない。
30歳をすぎて、「女性社員」と呼ばれてしまうと、ワタシ達(女性)はきつい。
単なる「女性社員」の概念を超える何かを持っていないとねと思います。


ところが、このような多数派が感覚的にもっている枠とは別に、
「女性」の資質に注目し、企業における必要性を強調する人々がいます。
今年に入ってから、私はこのような方、お二人にお会いしました。
全く別の場所で、別の立場で、しかし彼らは同じ言葉を使うのです。
続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 就業環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

SPENDING

帰宅すると10時過ぎです。
本当に、どうなっちゃってるのか。最近めっきり帰りが遅くて、、
ダメだと思いつつこうなってしまう。

今日は給与明細書を勤務先会社の営業拠点に発送する日。
今月は、お馴染みの「市県民税税額通知書」と、
加えて定期昇給の「昇給通知書」を総務部員2,3名で
手作業で詰めていく作業をしつつ、
異動等の辞令の通知書を作成していましたが・・・・・・

頭を使わなくてよい・・とゆーのかなんとゆーのか、
―もちろんこれらの書類をないがしろにしているわけではないけど
こういう作業にかなりの時間と労力を費やされるのは
本当になんともいえない気分になります。
他にもっともっとやるべきことがあるのに、
いったいこういう手作業的な仕事をいつまでやらせるのだ。。(泣)


実は、あーやれやれと思いながらも今まではわりと
これも仕事の一つと思っていたのですが、
こうした無駄な(というか比較的価値のない)労力、時間の積み重ねが
人生を削り、いろいろなチャンスを逃している・・
といった発想が即座に湧いてきたのには、
きっかけがあったように思います。


1ヶ月ほど前に読んだ・・・

『お金は銀行に預けるな』

勝間 和代さん


この本を読んで、ずっと心に残っているのが、
SPENDING
みたいな概念。
時間をお金を労力をあまり意識せず、
浪費していたなー・・と反省しましたし、
これからのやり方をもう少し見直さなきゃと思った次第で、
感覚が少し変わりました。
この英単語がこの本の中でどうこうというわけでは全くないのですが、
どういうわけかたまに頭にひょいと出てきてはぐるぐるしています。



勝間さんというと、
続きを読む
posted by みかん at 22:53| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 就業環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

今年の社労士試験

また、今年も試験のシーズンに近づきつつあるのですね。
社会保険労務士の試験。

経験した者としては、
試験監督はこうあってほしい、会場はこうあってほしいという気持ち
今でも思い出すことがありますので、
そうしたことを試験監督という形で微力ながら還元できればと
毎年思うところではあるのですが、いかんせん予定が合いませんもうやだ〜(悲しい顔)

今年の試験日は、発表になったときから予定を空けていましたが、
メールで事前説明会の日程と、監督官応募の案内が届き、
事前説明会の日は、今チャレンジ中の産業カウンセラーの講習日と重なり、
惜しくも断念することとなりました。
あー!!もうやだ〜(悲しい顔) くやしい。。

産業カウンセラーは、修了に必要な受講時間数が定められており、
これによって、かなり拘束を受けております。
そうとなれば最後まで通って資格取得してやろうと思ってます。

ところで、
社労士試験の話になると何度となくこのブログでも語っておりますが、
受験生の方は最後の最後まで絶対に諦めないでほしいと思います。
自分の経験も踏まえ、受験生の方には毎年そのことを切に願います。
私は、社労士試験を通して、
何ごとも最後の最後までわからないものだということを
学んだような気がします。
だから、必要以上に「しぶとい」人間になってしまったかもしれません。

一方、すでに受かってしまった者の課題は、
法改正や新しい法律にしっかりついていくことですよね。
仕事で関与している部分にどうしても知識が偏ってしまいます。
続きを読む
posted by みかん at 13:29| 兵庫 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

オペラ・ファン♪

オペラ・ファンです。
オペラとひと言でいってもいろいろありますが、
私が好きなのは、
ロッシーニとか、モーツァルトとかの・・
そんなに大きくなくグロテスクでない、
フィガロの結婚とか、シンデレラなんかはかなり好きです。
でも、たまにはヴェルディのドロッとしたものもいいのだけれど・・バー


先週、シンデレラを観に行ってきました。

La Cenerentola

Gioachino Rossini

*シンデレラ、イタリア語ではチェネレントラという。


すっごく、楽しかったー!
トキメキました。
そう、時めいてそして好きなんだなーと実感しました。ワクワクるんるん
そして、今回はそうだそうだブログにも書いておこうと思ってPCに向かっています。


オペラの魅力ぴかぴか(新しい)

オペラの魅力って、なんでしょう。
それは実際に体験して初めて実感するものではないかと思いますが、
あえて言うなら、やはりいくつかの語るべきポイントがあるように思います。

あくまで、私が思うことですが、

オペラは結局のところ、
歌だけでもなければ、演劇だけでもない。
ミュージカルと違うのは、その古典的な文化色や音楽性の高さ、
歴史の深さに、滲み出るものがあるところじゃないかなあ。
ミュージカルとは、全く比べることができません。
流れているものが全く違うのだと私自身は感じています。

具体的に言うと、
ほら、オペラで全く立場の違う二人ないし三人が二重唱、三重唱を
歌う場面がありますでしょう?
片やシメシメと思っている、片やどうしよう死んでしまいそうと思っている、
もう片やその状況を見て心配している・・・
それを、それぞれ異なる歌詞で異なる音程で歌い、はもり、
演じて、劇に山を造るんですよね。
そうした舞台は、やはりオペラ独特のもので、
なんとも言葉には言い表せない魅力があるのです。

オペラの音楽性の高さはもちろん素晴らしいものがありますが、
しかし面白いオペラ、見ごたえのある満足感のあるオペラというのは
やはりなんといっても、
歌手が役になりきって、いかにキャラクターを演じきったかexclamation&question
これに尽きると言えます。

となると、
オペラでその夜の実質的なヒーローあるいはヒロインになるのは
必ずしもタイトルロールに限らないわけで、
その辺も見所ぴかぴか(新しい) となるわけです。
これが、ん〜たまらんのです・・・ ふらふら


今回のチェネレントラで言うと、
続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

入社10年目の・・・

今年、入社10年目を迎えました。
入社以来の転機を迎えています。


今年の新入社員を見ながら、
へぇ!私と9,10歳違うんだなー!!
とびっくりしながらふと気付いたこと、
私が入社したときに人事の教育担当者だった大先輩
― 後に私の前任者となる直の先輩 ― その方も私より9歳年上でした。
ちょうど同じくらいの歳の差なんだなあ。
彼らにとって私はどんな風に映っているのだろうかと、
かつての先輩を思い出しながら思いました。


他方、部署の大先輩方が退職されることとなり、
私には部署の直接“後輩”と呼べる若い社員がやってきました。
31歳にして私は今までずっと一番若い社員だったので、
すごくすごく、嬉しく、また刺激で、
張り切りつつ、
しかし、例によって例の如く、至らぬ部分が多く、
いつになっても優れた人間になれない自分をひきずりながら、
後輩にどんな言葉で「気付き」や「やる気」を出してもらいながら
「仕事」を覚えていってもらえるか、もがいています。
難しいですね。
難しいのは、
・自分のダメなところもあるのにということ
 (これは言い方次第で、いろいろ回避はできるのだけれど、
  やはり後輩の立場にしたら、先輩のくせに・・というのが
  最終的にはでてくるだろう、と意識している・・・ふぅ)

・相手を見ていてどうしても腹が立ちそうなことがあること
 (これは最後まで爆発させずに我慢しなければならないと
  私は考えています。一呼吸おいて、冷静に彼らが受け入れるべき
  言葉を選んで与えるべきなのではないかと思っています。)

そして気付くのは、
私って、結構熱血野郎だということ。
あー、やだやだ。
でも気付かせて下さってありがとうございます、ですね。


そんな私にとって、
今 3大課題 があります。

それは、
続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 就業環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。