2008年05月26日

à Paris 〜2−1.オランジュリー美術館

月曜日からこんな休日のネタを・・・
今日はすごく暑かったし、電話が多い・・そう月曜日って電話が多い。
喉がつかれた〜
ということで、ちょっと癒されたかったから。。


パリへ行ったのは、もうだいぶ前のことになってしまうのですが、
週末にならないと会えない友達にお土産を渡したり、
旅行話をしたり・・ということがあって、また思い出し、
そうすると、帰国した頃よりも、印象深かったことがさらに鮮明に
なっていくのを感じます。

2.美術館について

今回行ったのは、
 ロダン美術館
 オランジュリー美術館

でした。

今日はオランジュリー美術館についてアート

本当は、オルセーに行くはずが・・・
初日のエッフェル塔で3時間半待ったせいでたらーっ(汗)
その後の予定が完全に狂い、無理でした。
でもそのおかげで、とても印象深い作品たちに会うことができました。



オランジュリー美術館といえば、
もちろんモネの睡蓮なのですが、

私にとってより印象深かったのは、ポール・ギヨーム氏のコレクションの方でした。
本当にびっくりした〜exclamation×2目


モネの睡蓮ももちろん素晴らしかったですよ。
モネは、この作品を自然光の中で展示してほしいという願いがあり、
それをかなえたのが、この美術館だったそうです。
実現したのは、残念ながら他界後だったそうですが、
それにしても、この企画の素晴らしさには敬意抱かずにはいられません。
また、モネの絵画≪睡蓮≫のどこをとっても、その色の美しさにため息が出ます。
これらの色どれも好きだなあ。
私は≪睡蓮≫を観る度に思うのですが、
彼は「睡蓮」を描いたのではなく、睡蓮の在る「水面」あるいは「水面の風景」を描いたのだと。
そう、「水面」を描いたのです。
その一見捉えどころのない物憂げな感じを
それ全体として美しいものに見せた、睡蓮の庭を観察するモネの感覚が
なんとなく伝わってくる感じがする、、
などといってはあまりにおこがましいかもしれませんが。。
なにせ、素敵です。粋ですよね。



ところで、
肝心のポール・ギオーム(Paul Guillaume)のこと。

080506paulguillaume.JPG

彼はね、続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ART | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。