2008年05月21日

何度でもやってくる

できるまで。。

制度を変えるのチャンスは、やってくる!爆弾



勤務社労士として仕事をしていて、非常にもどかしい思いをすることがあります。
会社の制度について、改善すべき点が痛いほどわかっているのに、
経営上の判断から、手がつけられないことがあるのです。
それに、自分自身も社員だから、事情がわかる部分もあり
余計にもどかしさが強くなったりします。


しかし、

ここからが今日のお話なんです。


何年も同じ会社に居て、同じ部署に居て、
最近、見にしみて思うことがあります。
それは、

変革のチャンスは、

何度でも何度でも、
これでもかーこれでもかー、

とばかりに、やってくるということです。


制度を変えるチャンスが訪れて、なんらかの事情によって失敗しても
幸せなことに(!?・・ええ、私は幸せなことだと思います)
姿かたちは変わっても、同じ壁にぶち当たり、
結局はやはりその同じ壁を乗り越えることが求められる、
そういうしかけになっているんです。
どうしても、解決しなければ先に進めない問題なのでしょう。
失敗しても失敗しても、
会社が存続する限り、何度でも闘いの機会が向こうのほうからやってくる。
闘いがやってきていることに、素直に気付き
スクラムを組んで正当に応戦する、これがひとつのクライマックスなのかな。。


勤務先会社は、私が入社をしてから今まで
いろいろ大小の変化がありましたし、
それに、世の中もどんどん変化してきました。
世の中が変わるというのは、具体的には、
景気動向、社会的問題の発生、それに伴い法律改正等、
後は突発的な事件事故など・・カナ。

そうした「動き」 があったときは特に、
会社制度の改変のチャンス、機会が確実にやってきます。


会社や世の中の「動き」によって、「壁」は姿を変えるのですが、
それはどういうことかというと、
私のイメージではこんなものたちによって、動きの波が起こされるものと
思っています。

会社によって→ 経営者が変わる、方針を変える、資本を増やすなど
法律によって→ 法改正され、罰則がある等制度改変を余儀なくされる
何らかの制度によって→ 監査を受ける、何らかの認定を受けるなど
取引先や世間一般のお客様によって→ ある基準以上でないと取引してもらえないなど


壁を乗り越えることは、もちろんしんどいことですが、
何らかのきっかけで、普段から気になっていることが問題視されたら、
ようやく○○の問題が片付く日が来たかぁexclamation×2
ということで、初めは少し嬉しく思うものです。

ただ、問題は
続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人事総務のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。