2007年10月05日

年金のお話 事例@-3 ある女性の生き方とともに/手続編2:パートで働く

前回、さらっと手続きについてご説明しようと思ったのですが、
文字にするとなんだかダラダラ・・
中断して、今回引き続きお話しすることにさせていただきました。

A子さんという元会社員の女性の方が、
結婚して、仕事を辞めて、それから・・というところ。
その変遷と共に年金の手続きをどうするのかをお話しているところなのですね!

さあ、今日の分はここからです。


退職後、雇用保険の基本手当を受けながら
(一般的に失業保険と言われているもの)
しばらく仕事を探していましたが、
結局、生活にもう少し慣れるまでは会社Nで短い時間でパートをすることにしました。



このくだり。非常に問い合わせが多いのです。

@退職すると・・・
そうそう、前回みたように、厚生年金保険の被保険者ではなくなります。
この手続きは会社がしてくれます。
A子さんご本人は、退職日の翌日からの年金(と健康保険)について
手続きをしなければなりません。

会社員である国民年金第2号被保険者からそれ以外の被保険者種別に
なるわけですが、
 ・第3号被保険者(会社員の被扶養配偶者)
 ・第1号被保険者(2号にも3号にも該当しない人)
いずれかが考えられます。

A子さんの場合は夫がいるので、失業中は「扶養に入る」ということで
話を進めるとすると、
   第3号被保険者になる

ということになるかと思います。
しかし、実際は、前回の日記にコメント下さったこむさんが仰るように
   社会保険の手続きに関して、扶養に入る

とは、本当に扶養の実態があるかどうかを厳密に見て認定されるもの
ですから、そう一筋縄には行かず、妻が本当に失業しているのか、
妻の年収はいくらか、そうしたものを証明できる所定の書類提出を
要求されますから、覚えておきましょうね!


つづき・・・

A雇用保険の基本手当を受けながら仕事を探す・・・
A子さんは、失業したわけですし健康保険組合によっては失業を事由として
(この部分、修正を加えました/H19.10.6)

いったんは夫の扶養に入ることができるのですが
しかし!次の注意点があります。

雇用保険の基本手当を受け取っている間は、
第3号被保険者として、夫に扶養してもらうことはできないんです
もうやだ〜(悲しい顔)

でも、A子さんは自己都合で退社したので、
基本手当が給付されるまでの待機期間中は扶養してもらうことができます。
ですから、A子さんの夫の勤務先を通じて第3号被保険者になる
手続きをしてもらうことになります。
この際、夫の勤務先から「第3号被保険者異動届」という必要書類の
提出を求められます。


ここで、ちょっとまとめておくと・・・


(1)失業 → (2)職安で求職の申し込みの手続きをする → (3)待機期間中 ・・・

・・・→ (4)受給開始 → (5)受給終了 → (6)その後



(1)〜(3)の期間
 扶養に入ることができる!

(4)〜(5)の期間(つまり、受給中)
 扶養からいったん外さなければならない。

(6)の期間
 その後の状況に応じて、年収が130万円未満であれば扶養に入ることができる!となります。


そして、

続きを読む
posted by みかん at 23:25| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。