2007年10月03日

年金のお話 事例@-2 ある女性の生き方とともに/手続編

さてさて、今日は昨日書いた事例@の続きですよ!
ある女性A子さんの人生年表を追って、
年金の手続きについて見ていきます。

非常にベーシカルなものです。

色が付けされている文字 (←こんな風に)が、
手続きについて考えなければならないタイミングです。

昨日掲載した文章を一つずつ見て行きましょうね。


LET'S GO手(グー)


A子さんは、大学卒業後、22歳で会社Lに就職しました。

@まず、この文から20歳到達時にA子さんは在学中であったことがわかります。
国民年金は、20歳から加入することになっています。
20歳到達の少し前に市区町村から年金の案内が送られてきます。
特に必要な手続きはありませんが、案内に従い、保険料を納付します。

A次に、就職に伴って、
就職した月から厚生年金の被保険者となります。
手続きは、会社がしてくれることになっていますが、
手続きをしてもらうために、A子さんは会社に年金手帳を
提出する必要があります。

ここで、@で加入した国民年金はどうなるのか?
という疑問があるかと思いますが、Aの手続きをすることによって、
自動的に切り替わるようになっていますので、ご安心下さい。
また、Aの会社員で厚生年金に加入している間も、
国民年金には加入していることになっています。
ただし、厚生年金から保険料を徴収されますから、
国民年金保険料は払う必要はありません。


@のような立場を、国民年金第1号被保険者
Aのような立場を、国民年金第2号被保険者といいます。


しかし、いろいろ問題があり、2年後退職しました。

B会社を退職をしたら、
会社員として入っていた厚生年金の被保険者ではなくなる手続きを
・・・これは、会社がやってくれますので、放っておいてOKです。
ただし、退職した日の翌日から第2号被保険者ではなくなりますから、
翌日付でまた第1号被保険者になる手続きをします。
 次項有 市区町村役所にて手続きします!


その後、しばらく就職活動をした後、会社Mに再就職しました。


C会社に再就職したら、
上記Aの場合同様、やはり手続きは会社Mがやってくれます。
 位置情報 ただし、年金手帳を提出してくださいね。


会社Mでは、人間関係に恵まれ、長らく仕事をしていましたが、
結婚することになり、会社Mを退職することにしました。

なお、平成×年6月10日に入籍し、平成×年6月20日に退職しました。


Dこの場合、入籍してから退職したので、
まず、退職日までは、仮に入籍しても変化がなく、
そのまま会社Mの社員として厚生年金に加入し、
第2号被保険者であることになります。



退職後、雇用保険の基本手当を受けながら
(一般的に失業保険と言われているもの)
しばらく仕事を探していましたが結局、生活にもう少し慣れるまでは会社Nで短い時間でパートをすることにしました。



そうそう、ここからがいつも質問される部分なのよね。
時々質問をされるところです。

続きを読む
posted by みかん at 23:40| 兵庫 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。