2007年08月31日

不調のトンネルを抜けて、初めてモチベーション教育の意義を実感する。

今宵は、秋の気配です。
昨日のこの時間とは、実に打って変わって・・・

昨日で、夏が終わったんだわ!そう信じていいほど。


ご無沙汰しております。
ほんとうに、何日も何日も、何週間も。
その間ご覧頂いた方、本当にすみませんでした。

年金のことも導入だけ書いたまま、放ったらかしで。
ごめんなさい。m( __ __ )m
必ず続きは書きます。

どういうわけか、モチベーションが下がりっぱなしで、
それゆえに(!?)疲れてしまって・・・
ブログも、仕事も、やる気が上がらずにいました。


実は、打ち明けますが、この数ヶ月ほど特に4,5月以降くらいかな・・
仕事のことで悩んでおり、やる気が起きず困っておりました。
はい。。


しかし、そこから、
今週に入って、あ、抜けたかな?
トンネル、抜けれたような・・!光が見えてるかな?
と、ふと感じる瞬間があり、長かったトンネルが終点に近づきつつあることを知りました。


この体験によって、実感として気付いたことがありましたひらめき
それは、
モチベーション教育がいかに大切かということです。


私は現在勤務して8年半になります。
定年まで働く場合、30年以上働き続けることになりわけですが、
たった8年でもいろいろ、問題が出てくるのに、
もっと働き続けるには、いったいどうしたらいいのか。

どうしてもどこかでマンネリが生まれてくる。
また、人間関係をふくめ、職場環境は必ずしも万全というわけにはいかないかもしれない。
その中で、生産性を保ち、あるいはさらに上げていくには、、
やはり
モチベーションるんるん
これ以外にキーワードはない、そのことを自らの体験から実感しました。

続きを読む
posted by みかん at 00:00| 兵庫 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | 就業環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。