2007年08月05日

年金のお話 〜プロローグ

以前、このブログにテーマのリクエストとして、
「社会保険、特に年金について」
という宿題を頂きました。
あれからもう何日も経ってしまいました。お待たせしてすみません。
今日は、年金のお話のプロローグとして、
そもそも年金制度とはどういうものなのか?
について書いてみたいと思います。


年金問題について非常に騒がれていますが、
少し前、ある友達からこんなことを聞かれました。

「年金を返せ!」とか言うけど、
あれって正しい言い方なのかなぁ?と。


つまり、
「年金を返せ!」と言うとき、
年金は、毎月払う年金保険料の金額が
そのまま自分が受け取る年金として
積み立てられているものだという考え方になるけれど、
その考え方って、正しかったっけ?ということ。


その指摘は非常にいいところをついていて、
「年金を返せ!」という言い方は実は間違っているんですよね。
心情としてはもちろんよくわかりますが。。


年金は、世代間扶養という考え方に基づいて運営されていて、
つまり、今現役世代が払っている年金保険料のお金は、
基本的に今年金を受け取っておられる方の年金として使われていて
現役世代が引退世代等を扶養する、世代間での扶養関係
ということなのです。

昨今、保険料の未納もかなり根の深い問題になっていますが、
保険料がもし自分が受け取る金額にそのまま反映されるのであれば
もっとみんな熱心に納付するのではないか、という気もしなくはないのですが、
しかし、年金は20年、30年と非常に長いスパンで払い続けるものですから、
その間の経済情勢による貨幣価値の変化への対処が難しくなる場合が
考えられます。ですから、そういう意味でも、世代間扶養は意味があるのですね。



ところで、

リクエストを頂いた大輔さんと仰る方からは、

>年金にはどういう種類があるの?
>特に女性は転職や結婚があるし注意することがたくさんあるよね?
>引越ししたら住所変更しないと、今後送られてくるであろう「年金通知」とやらは届かない?



といったことが質問事項として挙げられていました。

今日は、プロローグとして
年金の種類についてもう少し書いてみたいと思います。

   猫

続きを読む
posted by みかん at 14:12| 兵庫 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会保険労務士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。